映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ヱヴァンゲリヲン新劇場版
広瀬すず
新垣結衣
二階堂ふみ
マクロス
深津絵里
清原果耶
宮沢りえ
大原優乃
西島秀俊
今田美桜
キングダム
大泉洋
上野樹里
江口のりこ
芦田愛菜
からかい上手の高木さん
井川遥
彼女、お借りします
白石麻衣

作品の詳細、レンタルに関する条件は、各作品の詳細ページを参照ください。

旧作DVD一般80円アダルト55円
旧作全品1枚無料!

レビューを検索する

DVD   CD
 
   
年 ~ 
     
265,162件のレビューが登録されています。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件

リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様<Decide>

3点 2022-12-10
リョーマがアメリカで武者修行。
ウルフとの賭けテニスと、
竜崎との対面と、
ふたりで、タイムスリップ。
全米オープン前の父、との再会と、
全盛期の何ジローのプレーと、
誘拐されるサクノ。
サクノ救出のナガレと、
ナンジローVSボーンの決勝戦。
その結果と・・・


ところどころミュージカル調になる点はビミョーかな。
☆3.5かな。

ウィッカーマン(1973)

3点 2022-12-09
古い宗教や因習に支配されている孤島を訪れた警察官が体験するホラー。
罠にハメられるって恐い。
何よりもウィッカーマンを眺めながら笑顔で歌い踊る老若男女が恐い。
ところどころミュージカル風になるのは70年代映画のご愛嬌か。

大冒険 クレイジー・キャッツ結成10周年記念

3点 2022-12-09
お話しは無茶苦茶、展開は斜め上というのはいつもクレージーキャッツ映画はそうであるので驚きもしないし文句を言っても始まるまい。しかしギャグが滑りがちで途中かなり退屈感もあった。でもまあ昔のまちなみの映像なども楽しめたし結末に向けての怒涛の出鱈目ぶりには敬意を表しようか。

リコリス・ピザ

2点 2022-12-09

舞台は ’73年のロサンゼルス、
当時のクラシックカーが多く出てくる。

主人公のアラナの家庭はユダヤ系で
家に連れてきた彼氏が自分の意思で
無神論者になった事をバカ呼ばわりされる
シーンがありユダヤ人には信仰の自由は無いのかと
思わせて引いた。

3姉妹バンド HAIM 瓩離▲薀福Ε魯ぅ爐
二人の姉と両親が家族役で出ていて
主役ふたりはデビュー作で全キャスト華がない。

ストーリーも有って無いようなモノでつまらなかった。



サーシャ菜美/クラシーヴァヤ

4点 2022-12-09
オーディションでセクハラされるって設定が、
面白くないし本人の良い部分以外が見えちゃって冷めたけど、
スタイルも肌も抜群で顔はまあまあ、
ほとんど全裸で大好きな屋外が多いので抜けました!
疑似セックスが多いのは不満で、
もっともっと肌のエロい接写とかエロエロのスタイル見せてほしい。
でもかなり抜けるので大満足です!

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ

2点 2022-12-09
ミステリー系ホラーかと思えばさにあらず。異色のスラッシャーホラー。
森の地下基地に潜む謎のトラップ男と弟子?の少年。
殺るのが少年なら殺られるのも少年。
ストーリーの捻りの方向がズレているので途中で違った意味で予想外の展開がある。

ベイビー・ブローカー

5点 2022-12-08
流石に賞を取るだけはある.男の子は100万円・女の子は80万円.子供を売るという商売をしている人の話韓国は眉毛が細いと価値が低下するのですかね

偉大なるマルグリット

3点 2022-12-08
開始10分ほどで披露される歌。
わかっていてもゲラゲラ笑ってしまう。

莫大な資産を背景に自由奔放に歌う妻が恥ずかしくて、浮気をする夫。
その気を引こうと必死な妻。
満たされない欲求の解消は内輪での歌唱に飽き足らず・・・

彼女を見守る執事のスタンスは温かく、
なんとしても関わりを避けようとする夫の四苦八苦がコミカル。

主役のカトリーヌ・フロは実際には歌っていないのだそうですが、
違和感なくヘタクソっぷりが見事です。

実在の人物がモデルなだけに、
リアルな話として観ていると、おかしくてたまらないけど、
それを取り巻く人々の冷たさが悲しい、なんとも哀愁の漂う作品。


実際にはストーリーはフィクションで、
モデルになった実在のフローレンス・フォスター・ジェンキンスはアメリカの人物。
現在もその歌唱はCDで残っているし、ネット動画にもありますが、
実話に近い伝記的な作品をぜひ作っていただきたい。

リコリス・ピザ

3点 2022-12-08
15歳の少年が10歳以上年上の女性を好きになって、やがて2人は仲良くなるという、まことにどうでもいい話だが、少年を演じるのは、故フィリップ・シーモア・ホフマンの息子で、映画初出演というと、何やら居ずまいを正してみないとという気になる。とはいえ、これがポール・トーマス・アンダーソン流なのか、話がまっすぐにつながっていかず、次々と無関係なシークエンスが出てきて当惑させられる。ヒロインのアラナ・ハイムという女優も、ミュージシャンで映画初出演らしいが、時代背景となった1970年代初めの女性らしい清潔さと感じのよさを感じさせるし、その時代らしいミニスカートが似合っていた。なぜか、ショーン・ペンとかブラッドリー・クーパーのような大物が友情出演的に登場する。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件
ぽすれん
Copyright(C)2011-2022 GEO CORPORATION All rights reserved.