映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
機動戦士ガンダム
中条あやみ
ルパン三世
吉高由里子
萩原健一
ワンパンマン
Re:ゼロから始める異世界生活
石原さとみ
深田恭子
池井戸潤
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
鬼滅の刃
三谷幸喜
孤独のグルメ
松岡茉優
アナ雪
男はつらいよ
ポン・ジュノ監督
福原遥
山本美月
旧作アニメ・キッズ・特撮・ドラマDVD50円
10枚以上で旧作CD 30%OFFクーポンプレゼント!

ryugen

DVD   CD
 
   
年 〜 
     
4,299件のレビューが登録されています。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件

ママレード・ボーイ

3点 2018-09-20
少女漫画が原作とのコト。女子って、こんな複雑な関係のお話を好むのかねぇ
〜。まあ、結末は韓流ドラマのように泥沼状態に陥らないトコロは許せるかな。
かろうじて若い男女の甘酸っぱい恋愛話に完結している。最初はいまいち華が
ない主演ふたりに思えたけれど、見ているうちに次第にドラマの中に引き込む
求心力は持ち合わせていた。二人の両親たちを別にすれば、ほとんど二人の独
断上といってもいい内容。脇役たちがかすんで見える。連続ドラマで、もっと
ゆっくりした展開のほうが良かったような気もする。私はアニメ、台湾ドラマ
版とも見ていない。(レンタル有) あしからず。

映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」

3点 2018-09-20
前作「咲-Saki-」の続きというワケでもないが、やってるコトはほぼ同じ。舞
台が全国高校麻雀大会からインターハイ団体戦に変わっているだけである。麻
雀に詳しい人なら非常に面白い内容なのだろうが、ほとんど知らない私などに
はどれだけすごいのまったく分からない状態。それでも、鑑賞に充分堪えられ
たのは、個性的なキャラが多く、しかもカワイイ女子がたくさん出演している
トコロ。前作で主演だった浜辺美波が、本作では咲の姉役で再登場しているが、
なかなか存在感のある演技を見せてくれる女優であり最近注目している。やっ
ぱり、次回作も見てしまうだろうな〜。

未成年だけどコドモじゃない

3点 2018-09-19
昔からあるラブコメのひとつのパターンだけれど、夢見る少女が喜びそうな
展開になっているトコロが、いかにも少女漫画の世界〜って感じ。個人的に
は、平祐奈のコメディエンヌぶりはさておいても(苦笑)可愛さだけはフル回
転で結構楽しめたほう。そもそもジャニーズファン、夢見る少女らがターゲ
ットとなる作品だと思うけれど、中島健人と知念侑李の起用は案外とハマっ
ていたし、リアルさのカケラもない内容でも、観客らの満足感は充分満たせ
る映画に仕上がっているというコトで★3つの上を献上しておく。

こいのわ 婚活クルージング

2点 2018-09-18
広島県庁の「こいのわプロジェクト」が題材となっているようだ。ご当地映画
としての軽いノリの脚本はイイと思うが、ラブコメとしての面白さや魅力は低
いほうだと思う。原因は片瀬那奈とか風間杜夫の良さを引き出すようなあらす
じになってないからだろう。王道路線のラブコメやるなら違う取り合わせで、
二人の役者を生かすならもっと違う設定のほうが良かったと思う。★2つ。

リバーズ・エッジ

4点 2018-09-10
岡崎京子の伝説的コミックと言われても、未読なのでその雰囲気を上手く映像
化できているかは分からない。が、若者たちのヤリ場のない欲望、衝動、焦燥
感がヒシヒシと伝わる映画に仕上がっていると思う。内容は極めて暗い。ある
意味、ATG的な芸術性をもった作品とも言えるだろう。原作が1990年代という
コトもあり、その時代を知る年代にしかギャップを感じる部分もあるかもしれ
ない。ケータイがまだ普及してない時代であり、高校生の生態系も今とは少し
違うだろう。二階堂ふみの演技、そして綺麗な裸体が見どころのひとつである
(笑)が、それより浅野忠信とCHARAの秘蔵っ子SUMIREの独特な雰囲気に私はす
っかり飲み込まれてしまった。また、吉沢亮や森川葵もイイ味出しており、若
者の繊細さと危うさを描くというテーマを、それぞれ若手俳優たちが見事に消
化した作品と言えるだろう。★4つ。

リベンジgirl

2点 2018-09-10
なんじゃコレ。桐谷美玲の可愛さ以外見るとこナシ。“失恋をきっかけに女性
初の総理大臣を目指す”なんてハチャメチャな内容でも、もう少しなんとかな
るだろ〜ってなトコロ。たとえラブコメとはいえ、リース・ウィザースプーン
の「キューティ・ブロンド」でも見習って、それなりに説得力のある話にしな
きゃねぇ〜。美玲ちゃんの魅力で★1つ追加でも、せいぜい★2点しかあげら
れません。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

3点 2018-09-09
お馴染みのメンバーに加え、ドクター・ストレンジやらスパイダーマンやら
ブラックパンサーやら、おまけにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面
々までが登場し、「アベンジャーズ」シリーズ第三弾と言っても各ヒ―ロー
をフィーチャーした作品もすべて見ていないと何が何だか分からないストー
リー構成になってきているのが難点。しかも二部構成で、本作はその前編と
なり、次回作のみを見る人は、コトの馴れ初めから行き着く先まで、ほとん
ど分からないのでは? 多数ヒーローが出演していても、ソレゾレ見せ場が
用意されているのは上手い演出と思うが、結局のトコロ、マーベルファンを
喜ばせるだけの映画になってきているのはチョット残念。まあ、私はファン
の一人なので、それなりに楽しめたが映画の評価としては★3つ。

8年越しの花嫁 奇跡の実話

3点 2018-09-07
お涙ちょうだい系だが、いかにも〜っていう演出がなされてないのは好感。
ただ、実話とはいえ、予想のつく範囲の内容なので感動までには至らないのは
少し残念。土屋太鳳の可愛さ捨てての闘病姿の熱演はひと皮剥けた女優魂を感
じさせる。佐藤健の寡黙で抑えた演技もイイと言えるが、そもそも、ソレは彼
の持ち味なので適役というにとどめておく。総合的には、難病モノ映画の平均
的な出来だと思う。

祈りの幕が下りる時

4点 2018-09-07
東野圭吾ものはやっぱりイイね。今回も大いに泣かせてくれた。ミステリーと
しては、若干、ケチをつけたくなるトコロもあるにはあるが、ヒューマンドラ
マとしての出来がイイのでソコはカバー。また、ハマリ役の阿部ちゃんをさて
置いても、松嶋菜々子が今や大物女優としての気迫の演技を見せてくれている。
脚本、演出ともに無駄なく丁寧で、2時間ドラマの枠の中に上手く収めてある
トコロも褒められるだろう。「疾風ロンド」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の映画化
では、いまいち感のあった東野圭吾ものだが、この作品で再評価♪

トゥームレイダー ファースト・ミッション

3点 2018-08-26
アリシア・ヴィカンダーの体張った演技は認めるが、アンジェリーナ・ジョリ
ーの貫禄には遠く及ばす。かといって2001年版も大して面白いという出来では
なかったが(苦笑) そもそも、トレジャーハンターものとして、ありきたりの
脚本に面白さを感じない。個人的には、謎解きの部分に重きを置いた作品のほ
うが好きで、アクションは二番手。ニコラス・ケイジの「ナショナル・トレジ
ャー」のほうがずっと好きかな。ゲームファンから見れば、このバランスでい
いのかも知れないが、それにしてもまだまだ成長過程のヒロインの為、パワフ
ルさに欠けている。はてさて、次のミッションで、どう化けてくるか。そのあ
たりは楽しみだ。ごくごく普通の★3つ。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件
ぽすれん
Copyright(C)2011-2020 GEO CORPORATION All rights reserved.