映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ウルトラマン
機動戦士ガンダム
中条あやみ
ルパン三世
吉高由里子
萩原健一
ワンパンマン
Re:ゼロから始める異世界生活
石原さとみ
深田恭子
池井戸潤
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
鬼滅の刃
三谷幸喜
孤独のグルメ
松岡茉優
山本美月
清野菜名
上白石萌音
るろうに剣心
衝撃プライス! 旧作特選品50円!
旧作全品1枚無料!
  • 3点 コウノドリ Vol.1
    コウノドリ Vol.1
    シーズン2最終話完結まで観たうえでの感想。初潮精通を迎えた年齢から高校生ぐらいまでの若い世代にこそ、ぜひとも観ておいてほしいと思うドラマです。周産期医療とはまさに生と死が交差する場所であり、それを真正…(続きを読む)
    シーズン2最終話完結まで観たうえでの感想。
    初潮精通を迎えた年齢から高校生ぐらいまでの若い世代にこそ、ぜひとも観ておいてほしい
    と思うドラマです。周産期医療とはまさに生と死が交差する場所であり、それを真正面から
    どっぷりと描き、さまざまなことを改めて深く考えさせられるものがあります。
    そこに妙な恋愛物的要素をトッピングしたりなどせずに描き切った点にも好感が持てますね。
    ただ、鴻鳥サクラ(綾野剛)、四宮春樹(星野源)、ちょっと一本調子にエッジたてすぎた
    キャラクター設定。生身の人間ならもうちょっと「ゆらぎ」があるはずなんだけどな。
    でもまあ、これは、移り気な視聴者に対してやたらとわかりやすく惹きつけ続けなければ
    ならないという地上波民放TV連ドラの宿命、目をつむろう。

    閑話休題
    ほとんどの日本の医療ドラマの描き方でどうしてももの申したいことが1つある。
    やたらと安易に病院の屋上シーンを出すのはもうやめれ。
    病院の屋上という場所は自殺が起りやすい場所であり、それが起れば医療者にとっては
    深いトラウマとなる。で、広義の医療安全の取り組みが進むにつれて、
    病院では屋上を非常に厳重に管理するようになっているのだよ。
    それなのに日本の医療ドラマでは必ずと言っていいほど、登場人物の感情を発露させる
    舞台装置としていまだにやたらと屋上シーンが出てくる。全然リアルじゃないよ。
    米製の医療ドラマでは病院の屋上が出てくるシーンなんてヘリポートとしてだけだぜ。
  • 4点 ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    ここのレビューアーの皆様の高評価に釣られて鑑賞。いや〜、楽しい、面白い!自分にとっては本当に久しぶりに純然たるエンターテイメントとして存分に堪能することができた作品。文句なしに★4つ謹呈し、ここのレビ…(続きを読む)
    ここのレビューアーの皆様の高評価に釣られて鑑賞。いや〜、楽しい、面白い!
    自分にとっては本当に久しぶりに純然たるエンターテイメントとして存分に堪能することが
    できた作品。文句なしに★4つ謹呈し、ここのレビューアーの皆様に感謝。
    割とはじめのほうで観客に真相明かしちゃいます風にしておきながら終盤に近づくにつれて
    どんでん連打をかましてみせ小気味よく、皮肉の効かせ方、かぶせ方がまたなんとも快感。
    それにしても、南米移民の娘である訪問看護師が嘘をつくとゲロを吐いてしまうという特異体質
    というあまりにも珍妙な設定はよく考えたなとは思うけれど反則技、それだからこそ面白かった
    のだからもちろんもう笑って許すしかないけれどね。


  • 3点 22年目の告白-私が殺人犯です-
    22年目の告白-私が殺人犯です-
    途中でどんでん返しが読めてしまいましたが、それなりに観応えがありました。本作を観た後で知りましたが、韓国映画『殺人の告白』(2012年)のリメイクだったんですね。原作映画を観ていませんし、本作が原作映画か…(続きを読む)
    途中でどんでん返しが読めてしまいましたが、それなりに観応えがありました。
    本作を観た後で知りましたが、韓国映画『殺人の告白』(2012年)のリメイクだったんですね。
    原作映画を観ていませんし、本作が原作映画からからどれくらいのモディファイがされたもの
    なのかはよく知りませんが、大陸にありながら逃げ道のないどん詰まりの半島という地政学と
    儒教で培われた朝鮮民族の恨(ハン)の文化を色濃く感じさせる着想・ストーリー、妙に納得。
    藤原竜也はこういう役をやらせるといつもはまってしまいますね。
  • 2点 【Blu-ray】惡の華
    【Blu-ray】惡の華
    ティーンエイジャーならではの切実な閉塞、焦燥、衝動、嫌悪が渦巻く自我と絶望の作品世界、力作ではあると思う。しかし、私はまったく入っていけなかった。こういう作品を観るにはもう歳をとりすぎたということなの…(続きを読む)
    ティーンエイジャーならではの切実な閉塞、焦燥、衝動、嫌悪が渦巻く
    自我と絶望の作品世界、力作ではあると思う。しかし、私はまったく
    入っていけなかった。こういう作品を観るにはもう歳をとりすぎた
    ということなのだろうか…と寂しくなってしまった。
    ただ、15歳は子供から大人への大きな変曲点であり、それを大きくは
    さんでいるこの作品は、コミック、アニメでは成立しても、
    生身の同じ役者に演じさせる実写映画ってそもそも無謀だったんじゃ
    ないのという気もしてならない。いったりきたりする中学編と高後編
    を主人公のヘアースタイルの変化だけで納得させるのは無理。

追悼 大林宣彦  お疲れ様でした…

なぜか「転校生」(セルフリメイクじゃないほう)が ぽすれんにないみたいなのが残念なのですが。
参加しているグループが見つかりませんでした。

DVDあかりさんのお気に入りレビュアー

  • 自分のレビューを後で読み返すと、誤字脱字が多くて、…
  • なるべく色んな視点から映画を観る様に心がけてます。…
  • ハン・ヒョジュ、国内外ドラマ、AVなど見ます。特に…
  • 皆さんのレビューを参考に
    楽しくDVD鑑賞。。<…

  • 短い感想文くらいしか書けませんが、よろしくお…
  • SUR
    映画っていいですね

DVDあかりさんのファン

  • 映画は何でも好きですが、恋愛映画とかは他の作品にく…
  • 映画観る時、何食べたりしてるのかな。
    やっぱり…
  • 映画に目覚めました。
  • ★映画館にも立ち寄ります。

    星★の数は「お…
ぽすれん
Copyright(C)2011-2020 GEO CORPORATION All rights reserved.