映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ヱヴァンゲリヲン新劇場版
北川景子
呪術廻戦
菅田将暉
ダイの大冒険
ガキの使い
ムロツヨシ
佐藤浩市
キアヌ・リーブス
ビルとテッドの大冒険
ワンダーウーマン
燃えよデブゴン
Fate/Grand Order
スターウォーズ
木村拓哉
乃木坂46
綾瀬はるか
仮面ライダー
宇宙戦艦ヤマト
旧作DVD80円CD55円
10枚以上で旧作DVD・アダルトDVD 30%OFFクーポンプレゼント!
  • 4点 白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第1巻
    白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 第1巻
    スマホゲームは全般的にやりませんが白猫プロジェクトは有名なので名前は知っているというくらいです。ほぼギャグ要素はなくシリアス構成で梶裕貴、堀江由衣、飯塚昭三さん以外は無名にも等しいので全くわかりません…(続きを読む)
    スマホゲームは全般的にやりませんが白猫プロジェクトは有名なので
    名前は知っているというくらいです。ほぼギャグ要素はなくシリアス構成で
    梶裕貴、堀江由衣、飯塚昭三さん以外は無名にも等しいので全くわかりませんが
    プロには違いない為、そんなに気になるレベルでもありません。

    本作の本編のゲーム離れが進んでいるのか全4巻12話はすんなりレンタルできました。
    人気がなくなってきているというのは事実かも?とは思いましたが、
    アニメーションとしての質は高く、9話以前は全く視聴していなかったので
    今回が初視聴です。黒の王子のセリフ数は少なく寡黙な感じの少年というイメージを受けると
    思います。ほぼ息遣いのみで演技をしている感じがありストーリー構成も割としっかりしています。

    バトルシーンとか手抜き一切ないので割と見続ける事が出来るのもポイント大です。
    なまじ原作ゲームを知らない方が楽しめるかと思います。本当にギャグ要素は少ないので
    息が詰まりそうなら視聴を休止するのもありかと思います。
  • 3点 ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第2巻
    ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第2巻
    映像処理技術が高いという以外、ストーリーが大変わかりにくく展開の先読みが難しいです。それでも有名声優陣が多く出演されておりキャラクターの側面性のみなら理解できるというくらいです。特にアフィンの行動発言…(続きを読む)
    映像処理技術が高いという以外、ストーリーが大変わかりにくく展開の先読みが難しいです。
    それでも有名声優陣が多く出演されておりキャラクターの側面性のみなら
    理解できるというくらいです。特にアフィンの行動発言は唯一のギャグ要素。

    3話はアフィンのアークスとしての姿の絶対領域箇所がわかります。特に凍土エリアでは
    普通死にます的な姿です。3話冒頭の朝になってから用足の場面で起き上がるアフィンの後ろ姿
    下半身はショートパンツにツナギのような感じで素足が露出しており絶対領域になっています。
    (前の姿での描写はなぜか隠されている箇所が多いのでアニメ公式サイトならよくわかる)
    それ以前にアフィンは肌露出部が他のアークスより遥かに多く、肩と腕関節部も露出しているので
    凍土エリアでは寒くて当然。あと男にしかわからない演出あり。用足し時にアッシュが起き上がって
    駆けていく時にチャックをアソコに挟んだな痛そう…と思った男性陣はどれくらいいるでしょうか?
    (演出的には下ネタ)

    またアフィンはかなり大真面目にズレた発言をする場合があります。ツッコミ満載。
    多分、ウルク好きなんだと思いますが(種族同じ)必死で隠そうとしますが耳は正直です。

    さて、ストーリー的にはアークスにも色々とあるようです。マリアが意味深な話をしますが
    それが理解出来るのはずっと先の話で、この段階で知ろうとしても無理です。
    また4話の終わり頃に出てくるジグも主要人物であり、今後に大きく関わってきます。
    立木さんの声もいい感じです。
  • 3点 ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 1
    ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 1
    MMO RPGはやらない性質なのでPSO2というタイトルを知っているだけの人間です。最初、テレビアニメで放送されていた頃に見た時は内容が全く入ってこなかったのですが、改めて視聴してようやく何とか分かるという感じ…(続きを読む)
    MMO RPGはやらない性質なのでPSO2というタイトルを知っているだけの人間です。
    最初、テレビアニメで放送されていた頃に見た時は内容が全く入ってこなかったのですが、
    改めて視聴してようやく何とか分かるという感じであり、ある程度間を空けないと
    厳しいなという感じのストーリー展開です。最終回間際ぐらいまで視聴してから暫く時間を空けると
    理解できるという内容です。小野Dはやはり冷静で判断能力の高い本作主人公の声が
    合っていると思いますし、アフィン(童顔)はムードメーカーな感じなので
    下野紘さんの声がやはり合っている気がします。マトイはアフィンのくだらない洒落に対して
    顔の表情が変わるくらいで、声の方に特徴はあまりないです。

    PSOの前身であるファンタシスターからの共通点として諸悪の根源がタークファルスというのは
    変わりません。

    このシリーズに関してはネタバレにすらならないと思います。二度見でもストーリーがやっぱり
    少し分かり難いという点があるためで、アニメ制作がGONZOなので映像処理技術だけは
    良いというくらいです。ちなみにアフィンのアークスとしての姿は絶対領域があります。
    (絶対領域とは意図的に肌の露出面がある服装設定のあるキャラに付けられます)
    3話でどこが絶対領域かがわかります。

    それ以前にストーリーが難解なので、少々入り辛いです。ゲームやってないなら尚更。
  • 4点 本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第9巻
    本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第9巻
    24話から一気に話が進みます。ギルは三瓶由布子によるアドリブにも近い台詞一言のみ。ルッツは全ての話で出てきますが出番少なめで、本当にマインにのみ焦点が当てられています。24・25話は騎士団による成長しきった…(続きを読む)
    24話から一気に話が進みます。ギルは三瓶由布子によるアドリブにも近い台詞一言のみ。
    ルッツは全ての話で出てきますが出番少なめで、本当にマインにのみ焦点が当てられています。

    24・25話は騎士団による成長しきったトロンベの討伐とマインによる浄化。ここまでなら普通
    ですが、騎士団内にも神殿長の息のかかった最低な貴族がおり、マインに対して護衛する
    どころか、愚かにも傷つけてしまう事になる。これによりトロンベがマインに絡みつき、
    かなりの窮地に陥る。25話後半で何とか窮地を脱するものの高熱により倒れてしまう。

    このままでは浄化の儀式が行えないので神官長の調合した激不味の薬を飲んで一時的に
    熱を沈め薬が効いているうちに浄化の儀式を完了させる。

    26話最終回で神官長が眠り薬入りの飲み物をマインに飲ませ魔道具を使い夢の世界に
    入る。本須麗乃というマインの前世が住んでいた世界、そこで神官長はマインが
    本にやたらと執着する理由を知る事となる。ただあまりにも意識を同調させすぎたせいで
    本須麗乃が母親と最後に交わした会話の場面で、謝罪の念で一杯になり強制的に遮断されてしまう。
    神官長は最悪な気分であったとしても、マインにとっては母親に合わせてくれた事に
    感謝の意を示す。(泣けるシーン)

    しかし、もう一つの問題は神官長フェルデナンドが使った魔道具の所有者が
    騎士団長のカルステッドという点でマインの今後について密約を交わす。
    (これは原作知る知らないに関わらず容易に幾らでも後々の展開を考えられる内容で締め括られている)

    EDクレジット内はフェルデナンドとカルステッドの密約など知りません的な感じであり
    いつもの日常で締め括られているのが特徴です。

シャティスさんのお気に入りレビュアー

シャティスさんのファン

ぽすれん
Copyright(C)2011-2021 GEO CORPORATION All rights reserved.