映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
未来のミライ
シティーハンター
センセイ君主
シンフォギア
ヴェノム
ルパンレンジャー
池井戸潤
家政夫のミタゾノ
劇場版名探偵コナン
スターウォーズ
木村拓哉
大泉洋
ドラゴンボール超
ジョジョの奇妙な冒険
ゴジラ
アンパンマン
クレヨンしんちゃん
相棒
プリキュア
スポットレンタルキャンペーン中
定額レンタル 最大30日無料!お試しレンタル実施中
  • 4点 山口組外伝 九州進攻作戦
    山口組外伝 九州進攻作戦
    タイトルから連想するであろう「巨大組織が乗り込んで行って大暴れ!」と言う作風では、正直アリマセン(苦笑)実在の人物や組織を描く実録路線ですが、実録モノ=ドライな作風という感じではなく、もっとウェットで…(続きを読む)
    タイトルから連想するであろう「巨大組織が乗り込んで行って大暴れ!」
    と言う作風では、正直アリマセン(苦笑)
    実在の人物や組織を描く実録路線ですが、実録モノ=ドライな作風
    という感じではなく、もっとウェットで”時に浪花節的にも見えます。
    (※将軍”山下耕作監督ならではの拘りの撮り方?)

    複雑なストーリーは「wikiでも参照願う」として・・・

    ここでの菅原文太文太兄ィは、コミカルで愚直且つ猪突猛進な”まむし
    でもなく、狡猾で汚い仁義を欠いた親分に翻弄され、終始損な役回りに
    苦虫噛み潰した顔の男でもなく、白のスーツをビシッと決めて凄みを
    効かせた漢(おとこ)である。

    生え抜きで寡黙な”東映イチの看板スターに高倉健(健さん)が居たので
    どうしても外様スターの菅原文太は、対比させる意味に措いても
    やや饒舌なタイプで描かれ登場させられて来た。
    が、前年の「仁義なき戦い」での大ブレイクにより、任侠路線は完全に
    終焉を迎え、時代が実録路線を欲する様になった結果”破天荒で
    落ち着きの無いキャラではなく、この様な落ち着き払ったシブい役を
    与えてみたのでは?と、考察します。

    とは云え、本作の夜桜銀次も無茶苦茶やってるので、決して行動は
    落ち着いてイマセンがね(苦笑)。
    それに翌年には「トラック野郎」の星桃次郎や、更に76年は超お馬鹿な
    「バカ政ホラ政トッパ政」で、バカ政を演じているので・・・・
    役者”菅原文太にとって、希少な”格好良いヤクザの役なのでは?と
    思います。(※任侠路線では藤純子主演の緋牡丹博徒 お竜参上の
    青山常次郎役での今戸橋上の遣り取りが、超絶男前でシビレますw)

    残念な点として、何と主役である夜桜銀次は話中40分程で始末され
    以後登場せず”という超変則的にストーリーが進行し、最後”名優
    津川雅彦の台詞で終演します。
    悲しいのは、大スター揃いなのに、もう「殆どの方が鬼籍に入られて
    しまっている」という事実・・・真に淋しい限りです。(溜息)

    無駄に長く書きましたが、渡瀬恒彦のお国訛り言葉が妙に印象的で
    耳から離れませんw もう何度も観てるんですケドねぇ〜www
  • 4点 ソイレント・グリーン 特別版
    ソイレント・グリーン 特別版
    本作をジャンル分けすれば・・・近未来SFモノとか、ややプロイテーションっぽい?とか言われそうですが・・・恐らく簡単解釈すれば=ちょいSFテイストな謎解きモノw1978年に公開されたイタリア映画「Zombie」も、冒…(続きを読む)
    本作をジャンル分けすれば・・・近未来SFモノとか、ややプロイテーションっぽい?
    とか言われそうですが・・・恐らく簡単解釈すれば=ちょいSFテイストな謎解きモノw
    1978年に公開されたイタリア映画「Zombie」も、冒頭から何が問題なのか
    を見せず語らず、ストーリーが進むに連れて明らかになるという手法を取り
    ちょい本作がダブッたり(テーマも或る意味”人類の絶望)したものです・・。

    ※全くの余談ですが・・・
    アーノルド・シュワルツェネッガーがハリウッドに進出して来た際は
    何か!「マッチョなチャールトン・ヘストン」っぽいなぁ?とか思いました。

    C.GやSFXとかでなく、あくまでマンパワー(人力)で何でもこさえw
    表現して来た70年代初頭の旧作ですから、粗も目立つしチャチかったり
    突っ込み所も満載でしょう・・・・
    が”73年公開作”という時代を鑑みれば、こりゃとんでもなく良く出来た(健闘した)
    作品だと思います。
    正直一時間半強の尺ですから、ヴォリューム的に少々物足りなさも否めませんが
    それに反して結構お金は掛けています。
    尋常でないエキストラの数や、凝ったSETなども中々のモノです。
    中でも今見ると「レトロポップ」なインテリアや小道具が、かなり目を惹き
    実に興味深く鑑賞してしまいました。

    キャストも脇役で、ライフルマンことチャック・コナーズが敵側で出演とか
    オールドファンにとっては豪華な布陣です。
    又、どうしても入れなきゃならない?”という事でも無いんでしょうが・・・
    70年代の「洋画に限らず邦画など」にも、主人公のベッドシーンが
    何故か盛り込まれていると言う・・・・あるある(苦笑)

    ソイレント・グリーンあるある?観終わるとウイスキー飲んだり、リンゴ喰ったり
    イチゴジャム舐めたりしませんでしたかぁ〜?? 自分はやっちゃいましたwww

    にしても?2022年って直ぐですケド・・・(冷汗”)
  • 3点 園都/楽園
    園都/楽園
    「えんと」と読みたくなる?感じの「そのみやこ」嬢ですが流石に「森田芽生」時代より、グッと大人になっていて週刊誌などでも、ちょくちょく見掛ける様になった。兎に角白くてプニプニで、ムッチムチだった頃とは比…(続きを読む)
    「えんと」と読みたくなる?感じの「そのみやこ」嬢ですが
    流石に「森田芽生」時代より、グッと大人になっていて
    週刊誌などでも、ちょくちょく見掛ける様になった。
    兎に角白くてプニプニで、ムッチムチだった頃とは比べ様
    も無い程”シュッとして、何か垢抜けた印象・・・。

    さてさてNEW芽生ちゃん”イヤイヤ”都嬢は、どんなモンかいな?
    とイザ鑑賞(この場合・検査及び審議の意味合いアリ)したところ
    妙な違和感的なモノに即座に反応した。

    先ず顔の表情が、クールとも違う無表情さ(感情の表現(顔芸)が乏しい)
    でツマラナイのと、何か普通のグラドル姐さんに収まってしまった
    スタイルの良さが、逆に没個性素材に成り下がったかの様な残念感。
    嘗ては弾けるボディ(白ムチ)が魅力だったのに、コレでは小生AVを観ます。
    イメチェンも大事な事で、長く売れなかったから色々試行錯誤
    があったのでしょうし、その辺は慮(おもんばか)りたいとこですが
    事務所力(OFFICE POWER)も人気(売れ方)に影響してたと思うなぁ〜・・・・

    それから改名再デビューにあたって・・
    先ず”「痩せてシュッとして良いですか?」と、電話の一本”LINEのひとつ
    でも欲しかったかなぁ〜と、おじさんは落胆しました。
    う〜〜〜〜ん??? マァでも好きだから・・減点少な目で☆☆☆ねw
  • 3点 馬鹿が戦車でやって来る
    馬鹿が戦車でやって来る
    作品に対する印象=よくワカラナイwと言うのが正直な印象ですが(苦笑)クレイジーモノでも植木さんは東宝”ハナさんは松竹という感じが未だにします。スタッフ・演者共”レジェンド級の豪華さですが・・・されど超…(続きを読む)
    作品に対する印象=よくワカラナイwと言うのが正直な印象ですが(苦笑)
    クレイジーモノでも植木さんは東宝”ハナさんは松竹という感じが
    未だにします。
    スタッフ・演者共”レジェンド級の豪華さですが・・・されど
    超大作でも不朽の名作でも無く、観ずして死ねるか?
    とか大仰なモンでもありませんし、当時のプログラムピクチャーからは
    逸脱もしない”馴染みのシリーズの一本にしか過ぎません。

    が、一度観てしまったら、何か印象(記憶)に残ってしまう
    スキでもキライでも無いが「キライになれない」中々困った作品ですwww 
    現代よりもムラ意識が強かった頃の土着的閉塞感・・そんな
    ギャグ的タイトルと相反する暗さや、後の寅さんにも通じるユーモア&ペーソス
    や、シニカルな一片も滲ませる一寸不思議な味わいです。

    本作視聴の後”東映75年作品「仁義の墓場」にて渡哲也に滅茶苦茶にされる組の
    親分役のハナ肇を、続け様に鑑賞すると更に不思議な味わいですw
お気に入りリストは登録されていません。
参加しているグループが見つかりませんでした。

SUPER LEFTYさんのお気に入りレビュアー

お気に入りレビュアーは登録されていません。

SUPER LEFTYさんのファン

ぽすれん
Copyright(C)2011-2019 GEO CORPORATION All rights reserved.