映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ブラックリスト
ポケモン
キングダム
ちはやふる
バーフバリ
弱虫ペダル
文豪ストレイドッグス
旅猿
七つの大罪
オーバーロード
鋼の錬金術師
アベンジャーズ
サンドウィッチマン
ゴールデンカムイ
デッドプール
グレイテスト・ショーマン
ブラックパンサー
田中圭
日本統一
リメンバー・ミー
スポットレンタルキャンペーン中
定額レンタル 最大30日無料!お試しレンタル実施中
  • 4点 だれのものでもないチェレ
    だれのものでもないチェレ
    1976年製作の古い映画ながら、デジタルリマスター版であるのか、ハンガリーの農地や田園風景が、空を飛ぶ羽虫までも映し出すような、細密なカメラワークで美しく描かれていた。ネット上に、この映画とエルマンノ・オ…(続きを読む)
    1976年製作の古い映画ながら、デジタルリマスター版であるのか、ハンガリーの農地や田園風景が、空を飛ぶ羽虫までも映し出すような、細密なカメラワークで美しく描かれていた。ネット上に、この映画とエルマンノ・オルミ監督のイタリア映画「木靴の木」(1978)を2本だてで鑑賞したというレビューを見つけたが、たしかに、ヨーロッパの農民たちの日々単調な繰り返しの生活を描いているというところでは共通性があり、この当時こういう映画が流行っていたのか、とも思う。前のレビューにある通り、救いのない話であるのだが、牧歌的で、かつ近代的なヒューマニズムとか登場人物への感情移入を排した民話的な感じがする映画であるところから、それほどの悲しさを感じなかった。時間的にも1時間半ほどで、全編4時間ほどもあった「木靴の木」(こちらはキリスト教的ヒューマニズムとか社会的不平等への怒りを感じさせる映画だったが)と比べると、構想力では劣るが見るのに忍耐力を必要としなかったといえ、今見て損のない佳作だと感じた。
  • 3点 ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
    ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
    パキスタン系の男性と白人の女性の恋愛を描いた作品としては、ケン・ローチ監督の「やさしくキスをして」という秀作があったが、それとくらべると、いかにも底が浅くて感動が薄い。男性の家族は、同一宗教の者同士で…(続きを読む)
    パキスタン系の男性と白人の女性の恋愛を描いた作品としては、ケン・ローチ監督の「やさしくキスをして」という秀作があったが、それとくらべると、いかにも底が浅くて感動が薄い。男性の家族は、同一宗教の者同士でないと結婚できないというイスラム教の信仰を持ち、パキスタン系の女性と結婚することを望んで、次々と相手を紹介してくるが、本人には信仰心がなくて、お笑い芸人を目指している。そういう男性と、リベラルで知的(両親が教師)なユダヤ系の両親の下に生まれた女性が、さまざまな試練を超えて結びついていくという話を、軽い、ラブコメ調の映画で描いているが、2人が惹かれ合う必然性というか、あの男のどこかよかったのか、というのが良く分からなかった。
  • 4点 ジャンゴ 繋がれざる者
    ジャンゴ 繋がれざる者
    なんで、西部劇にドイツ人の賞金稼ぎがでてくるんだとか、考えるとよくわからない(単にクリストファー・ヴァルツを出したかっただけだと思うが)、というか、かなりイイカゲンな、行き当たりばったりの筋立てだと思…(続きを読む)
    なんで、西部劇にドイツ人の賞金稼ぎがでてくるんだとか、考えるとよくわからない(単にクリストファー・ヴァルツを出したかっただけだと思うが)、というか、かなりイイカゲンな、行き当たりばったりの筋立てだと思うが、ようするに、「ドレイは主人に復讐したっていいんだ、そういう権利があるんだ」という映画であり、覆面をかぶって襲ってくるクー・クラックス・クランをバッタバッタとなぎ倒すシーンなどとても痛快で、「映画は楽しくて、正しければいいんだ」というタランティーノ流の映画作りを楽しめた。しかし2時間45分はちょっと長すぎたかも。「イングロリアスバスターズ」もそうだが、タランティーノの映画は単純な話なのに、なぜあれほど長いのか?
  • 4点 受験のシンデレラ
    受験のシンデレラ
    大林宣彦監督の「野のなななのか」(2014)を見て、ヒロインを演じた寺島咲という女優が、心に残ったので、他の出演作品も見てみたいと思って借りたもの。上級学校への入学者を選抜する方法として、2つあって、…(続きを読む)
    大林宣彦監督の「野のなななのか」(2014)を見て、ヒロインを演じた寺島咲という女優が、心に残ったので、他の出演作品も見てみたいと思って借りたもの。上級学校への入学者を選抜する方法として、2つあって、1つは、下の学校での成績や勉強態度を重要視する方法、もう1つは、入学試験の成績だけで決めるという方法である。入学試験の一発勝負だとヤマが当たった幸運な人が受かる一方で、その日たまたま体調が悪くて、本来力のある人が落ちたりするので、普段も学習態度を重視しようという考えは、そうすると、内申書の評価を上げるために言いたいことも言わないで学校・教師に従うような生徒が得をするという面がある。保坂展人現世田谷区長は、1960年代に、麹町中学で学生運動して、内申書に悪いことを書かれて日比谷高校に入れなかったと主張して裁判を起こしたが敗訴した。そういうことを考えると、試験の一発勝負で決めるというのも合理性のある考え方である。この映画は高校を中退して工場のようなところで働いている貧しい少々が、受験予備校教師だった優秀な受験指導者とめぐり合って、見事に一発勝負の入学試験を突破して東大に入学するという映画で、ヒロインの、両親が離婚していて、一緒に暮らしている母親(浅田美代子)は子どもを省みないで、娘の稼ぎを当てにしているなど、家庭的に恵まれないのにまっすぐな気持ちを失わないところとか、指導者がガンで余命いくばくもなくて、最後にお金のためではなくてよいことをしようとして親身にいろいろ教えてくれて、いつか心が通い合っていくといった、とてもウエットかつまっとうなところが良くて、結構感動してしまった。

香川照之−その風狂をこそ

今や大河ドラマや「坂の上の雲」で日本を代表する俳優の地位をゆるぎないものとしたと見える人。最近驚いたのは息子を歌舞伎役者にしようと運動しているという記事で、いくら猿之助の息子とはいえ、歌舞伎とは縁もゆかりもなく育ったと思われるだけに、この人の「内面の修羅」のようなものを感じてしまいました。その風狂さのままに、やたらと映画に出て、主役でも端役でも、ヤクザ者、詐欺師からサラリーマン、家庭のよき父まで、日本語だけでなく中国語でも、英語、韓国語でも、メジャーとインディー系を問わずあらゆる役を演じ続けてきたこれまでの道を行ってもらいたいです。

寺島しのぶさんベルリン映画祭銀熊賞おめでとうございます

ファンとしてうれしく誇らしく思います。グロいのは苦手なので「キャタピラー」を見に行くには葛藤があると思いますが。この賞がどれだけすごいか、同じ賞を受賞した女優たちの作品を並べてみました。サリー・ホーキンス(2008)−マイク・リーのレイバームービーの常連。受賞作「Happy Go Lucky」は日本で公開されず、DVD化されてもいないのが残念です。ユリア・イェンチ(2005)−いわずと知れた「白ばら」のゾフィー・ショル。その他レンタル化されていない「英国王給仕人に乾杯」などドイツ映画界の良心のような女優なのでしょう。カタリーナ・サンディノ・モレノ(2004)−「そしてひと粒のひかり」はそれほどの映画じゃないけど、第三世界出身らしい素朴で地味でマジメさを感じさせる女優。ハル・ベリー(2002)−ハリウッドを代表する黒人女優。「チョコレート」は重く心に残る映画でした。ジュリエット・ビノシュ(1997)−フランスでもっともギャラの高い女優といわれますが、受賞作「イングリッシュ・ペイシェント」のような大作より、どう考えてもギャラはほとんどないだろうと思われる作品で光ります。

いづみ屋さんのお気に入りレビュアー

  • 映画を観ながら眠くなり、そのまま眠ってしまうのが好…
  • 死ぬまでに1本でも多くの映画が見たいです。

  • 自分でもレビューは投稿しますが、それ以上にお気に入…
  • 長文/駄文で御託を並べており、失礼しています。もし…
  • 昔はホラー映画が好きでした。
    レンタルを始めて…
  • 息子が映画にハマってきたようだ。
    さすが映画フ…

いづみ屋さんのファン

  • 略歴

    8歳の頃初めてマスクを見て感動する。<…
  • 映画が好き!!

    ほんとそれだけです!
  • 自分でもレビューは投稿しますが、それ以上にお気に入…
ぽすれん
Copyright(C)2011-2019 GEO CORPORATION All rights reserved.