映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
Fate/Grand Order
スターウォーズ
木村拓哉
乃木坂46
綾瀬はるか
仮面ライダー
宇宙戦艦ヤマト
韓国ドラマ
ウルトラマン
機動戦士ガンダム
中条あやみ
ルパン三世
吉高由里子
萩原健一
Re:ゼロから始める異世界生活
石原さとみ
深田恭子
池井戸潤
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
旧作DVD80円CD55円
10枚以上で旧作DVD・アダルトDVD 30%OFFクーポンプレゼント!
  • 3点 蜜蜂と遠雷
    蜜蜂と遠雷
    とくに恋愛模様があるわけでもなく、東宝制作のコマーシャルな映画なのに、ピアノの演奏を聞かせる音楽映画として終始したところは評価したい気がする。コンクールの4人の出場者松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士、松…(続きを読む)
    とくに恋愛模様があるわけでもなく、東宝制作のコマーシャルな映画なのに、ピアノの演奏を聞かせる音楽映画として終始したところは評価したい気がする。コンクールの4人の出場者松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士、松坂桃李、がこの順番で重要な役割をしているのだが、皆とてもいい人で、実際のコンクールでは、「あいつは失敗しないか」とかと思ったりするのだろうが、それぞれが、良い音楽を演奏することだけを望んで、ライバルの練習の相手をして助けたりもする。そのあたりは、きれいごとに終始してしまった気がするが、そうでなくて、むき出しのライバル心や野心などを描いてみても仕方ないだろうから、これはこれでよかったのだろう。
  • 3点 人間失格 太宰治と3人の女たち
    人間失格 太宰治と3人の女たち
    第二次大戦後、太宰治をめぐる女性は3人いて、本妻津島美知子(宮沢りえ)、斜陽のモデルとなったというか、太宰が彼女から提供された日記をもとにして斜陽を書いた太田静子(沢尻エリカ)、そして太宰と玉川上水に…(続きを読む)
    第二次大戦後、太宰治をめぐる女性は3人いて、本妻津島美知子(宮沢りえ)、斜陽のモデルとなったというか、太宰が彼女から提供された日記をもとにして斜陽を書いた太田静子(沢尻エリカ)、そして太宰と玉川上水に飛び込んで心中した山崎冨栄(二階堂ふみ)だった。このうち本妻美知子と太田静子は筆のたつ人であり、それぞれ太宰との回想を残している。さらに言えば、本妻の次女と太田静子が太宰との間にもうけた子は、太宰の才能を受け継いで、それぞれ作家となり、とくに太宰の次女津島佑子は優れた女流作家、カトリック作家として知られるようになる。それにくらべると、太宰とともに死んでしまって回想録は残せず、ただ日記だけが残っている山崎富栄は分が悪くて、どちらかというと愚かな女と受け止める向きが多かった。しかし、結核と睡眠薬中毒で衰弱した晩年の太宰の面倒を最も親身に見たのは山崎冨江であるともいわれる。この映画は、その山崎冨江に重点を置いているところで、めずらしく、また新たな視点を提供するものと言えるが、見る側が太宰についての背景的知識のあることを前提に、太宰のデカダンスの極みといえる飲酒をしての狼藉ぶりを描いたもので、さほどに面白いものとは思えなかった。蜷川実花らしい映像の美しさ、奇抜さも感じられないように思われた。
  • 3点 ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
    ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
    まだ高校生か大学生のころ、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読みかけたが途中で止めてしまった。だからどんな話かは知らないが、文章の調子だけは覚えていて、ずいぶん後に読んだ村上春樹の小説がそれに似…(続きを読む)
    まだ高校生か大学生のころ、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読みかけたが途中で止めてしまった。だからどんな話かは知らないが、文章の調子だけは覚えていて、ずいぶん後に読んだ村上春樹の小説がそれに似ていると思った。だから最近村上がこの小説の新訳を出したことには納得がいった。サリンジャーがどんな人物であったのかは全く知らなかったので、「ライ麦畑」以外には、それほど多くの小説を書いてはいないこととか、人嫌いといった性格で、若い頃にユージン・オニールの娘で後のチャップリン夫人となった女性との恋愛以外には、あまりそういうことはなく、結婚もしないで、長く、世間、マスコミとの接触を立って田舎にこもって世捨て人のような生活を送ったこと、はこの映画を見て初めて知った。しかし、数々のエピソードを拾って、サリンジャーの伝記的事実を伝える初めてての映画であることを除いては、それほど面白い映画とは思わなかった。
  • 3点 ステップ
    ステップ
    妻を失った山田孝之の父が、残された1人娘を、男手ひとつで育てていく。2歳だった娘は気丈に、素直に成長して小学校6年生となるが、父には、ようやく想いを寄せる人広末涼子が現れて、というストーリー。原作者重…(続きを読む)
    妻を失った山田孝之の父が、残された1人娘を、男手ひとつで育てていく。2歳だった娘は気丈に、素直に成長して小学校6年生となるが、父には、ようやく想いを寄せる人広末涼子が現れて、というストーリー。原作者重松清には、「とんび」という男の子を父親が育てるという作品があったことを思い出す。飯塚健の長回しの静謐な映像が物語に合っており、しばしば目頭が熱くなった。とは言え、会社での出世をあきらめても育児に力を注ぐ父、彼と娘に愛情と助力を惜しまない亡妻の両親國村隼と余貴美子の儀父母。娘を守ってくれる保育園や小学校の先生たち、といった周囲の人々があまりにも良い人過ぎて、そして主人公の父娘が立派すぎて、なんだか道徳の教科書を読んでいるような気になってしまったのだった。保育園の先生を演じた伊藤沙莉が、キャバ嬢、デリヘル嬢、縁交女子高生の役などを得意としているだけに、とても新鮮で上手いと感じられた。

ミシェル・ウイリアムズ―生意気そうで、わがままそうで

「私はうつ依存症の女」の特典映像インタビューにブスクレた顔で出ていて、質問に「もう一度言って。二日酔いなのよ」などと言っていました。若い時からインディーズ映画に出続けて、2011年は「ブルーバレンタイン」でアカデミー主演女優賞にまでノミネートされています。受賞はかないませんでしたが、多数の出演作を控えて近いうちにメジャーな賞をとることでしょう。「ブロークバック・マウンテン」の夫が他の男とキスをしているのを見て肝をつぶす若妻役もよかったけど、"Wendy and Lucy"や"The Station Agent"などの彼女の良さがでた映画が日本では見れないのが残念です。いつも共演者や監督と浮名を流すハリウッドよりニューヨークが似合う女優。

香川照之−その風狂をこそ

今や大河ドラマや「坂の上の雲」で日本を代表する俳優の地位をゆるぎないものとしたと見える人。最近驚いたのは息子を歌舞伎役者にしようと運動しているという記事で、いくら猿之助の息子とはいえ、歌舞伎とは縁もゆかりもなく育ったと思われるだけに、この人の「内面の修羅」のようなものを感じてしまいました。その風狂さのままに、やたらと映画に出て、主役でも端役でも、ヤクザ者、詐欺師からサラリーマン、家庭のよき父まで、日本語だけでなく中国語でも、英語、韓国語でも、メジャーとインディー系を問わずあらゆる役を演じ続けてきたこれまでの道を行ってもらいたいです。

いづみ屋さんのお気に入りレビュアー


  • 視聴作は主に日本映画。ハリウッドメジャー系を…
  • 昔はホラー映画が好きでした。
    レンタルを始めて…
  • なるべく色んな視点から映画を観る様に心がけてます。…
  • 息子が映画にハマってきたようだ。
    さすが映画フ…
  • 最近はmixiでレヴューしてるほうが多いかもしれません…

いづみ屋さんのファン

ぽすれん
Copyright(C)2011-2021 GEO CORPORATION All rights reserved.