映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ハケンの品格
志村けん
ザ・ドリフターズ
川口春奈
安達祐実
小芝風花
ミス・シャーロック
コンフィデンスマンJP
今日から俺は!!
香川照之
大泉洋
浜辺美波
三浦春馬
ジブリ
竹内結子
波瑠
柴咲コウ
松本穂香
池袋ウエストゲートパーク
ダンまち
衝撃プライス! 旧作特選品50円!
旧作全品1枚無料!
  • 5点 真間美也 mini aile beyond 2
    真間美也 mini aile beyond 2
    真間美也さんのランドセルが似合う当時のDVD、すごく気に入って蒐集していたものです。法改正で、今では入手不可能になってしまいましたが。再登場は、多くの場合、たいてい、がっかりさせられるものですが、真間美…(続きを読む)
    真間美也さんのランドセルが似合う当時のDVD、すごく気に入って蒐集していたものです。
    法改正で、今では入手不可能になってしまいましたが。
    再登場は、多くの場合、たいてい、がっかりさせられるものですが、真間美也さんは、なんとも良い感じのお姉さんに成長されているのに驚きました。
    お色気も抜群で、他のモデルさんには無い、独特の色香が感じられる点も最高。
    制服を脱ぐシーンも、最近の作品では珍しく、ちゃんとソックスまで脱ぐところまであるので、足フェチには最高。
    私の推察が正しければ、この作品のカメラさん、「なう」シリーズのカメラさんなのでは?
    肉体を、隅々まで丁寧に撮影するカメラワークは最高です。
    ただ、残念なのは後半。
    前半とは、打って変わって、ソックスを履いたものばかり。
    いわゆるひとつのソックスフェチ仕様にさま変わりしてしまってる。
    最高づくしの前半に星五つ。
  • 4点 ウンギョ 青い蜜
    ウンギョ 青い蜜
    R-15作品作品と表示されているし、韓国映画はだいたいフェティッシュでエロチックな作品が多いいので、私は、この作品をイメージビデオといて利用するという、愚かなる試みに挑戦した。実は、しばしば挑戦している。…(続きを読む)
    R-15作品作品と表示されているし、韓国映画はだいたいフェティッシュでエロチックな作品が多いいので、私は、この作品をイメージビデオといて利用するという、愚かなる試みに挑戦した。
    実は、しばしば挑戦している。
    なので、あえて音声を消し、映像のみで再生するのだが、この作品はイメージビデオとして超傑作。
    国産の下手なイメージビデオより、よほど萌える事ができます。
    なにしろ、ひょんな事から、中年男の部屋に生足の女子が住んでしまい・・・という内容なので、期待を裏切りません。(写真参照)
    絵に描いたような清楚な女子高生といった女優さんです。
    やはり韓国映画ってフェティッシュ。
  • 5点 鮎川穂乃果 海なう DVD
    鮎川穂乃果 海なう DVD
    鮎川穂乃果さんについては、イメージビデオの世界では読売巨人軍のようなものなので、コメントの必要はありません。しかし、いつもの事ながら、この「なう」シリーズのカメラワークは最高です。私のような足フェチに…(続きを読む)
    鮎川穂乃果さんについては、イメージビデオの世界では読売巨人軍のようなものなので、コメントの必要はありません。
    しかし、いつもの事ながら、この「なう」シリーズのカメラワークは最高です。
    私のような足フェチに言わせると、「なう」シリーズ以外のカメラは、ほとんどゴミと言っても過言ではありません。
    イメージビデオ界は、足はもちろん膝下はどうでもよいような映し方をしたカメラマンが大半を占めていますが、この「なう」シリーズのカメラマンは、女性のすべてをセクシーなパーツとして捉えて、どんなシーンにおいても、つま先から頭の先まで、鮮明に、丁寧に撮影しています。
    その結果、正に、「自宅」に「目前」にモデルさんが来ているというバーチャルな感覚を体感させてくれます。
    「なう」シリーズは、そんな気色の良い気分が、ほぼ間違いなく味わえる唯一のシリーズです。
    もう、「なう」シリーズしかいらない!
  • 2点 【Blu-ray】森田涼花 夏色涼花
    【Blu-ray】森田涼花 夏色涼花
    私が、本年度、最も期待したBDでしたが、期待はずれでした。森田さんは、さすがキャリアが長いだけあって、「ここ撮って!」と言わんばかりに「つま先」をピント反らせるなど、プロ意識マンマンで、文字通り、つま先…(続きを読む)
    私が、本年度、最も期待したBDでしたが、期待はずれでした。
    森田さんは、さすがキャリアが長いだけあって、「ここ撮って!」と言わんばかりに「つま先」をピント反らせるなど、プロ意識マンマンで、文字通り、つま先にまで演技がいきとどいているのだが、なにぶんにも、カメラがドシロウトなのか、元々センスを持ち合わせていないのか定かではないが、膝から下をまったく映そうとしないカメラワーク。
    一例をあげると、セーラー服のスカートをストンと降ろす、なんともエロチックなシーンがあるが、この場合、まず、ストンと落としたスカートの足元をズームアップした後、徐々に上部にスパンさせていくのが基本であるが、このカメラは、いきなり股間のアップにしてしまっている。
    小学生ならともかく、ノーマルな大人なら、こんなので萌えるわけがない。
    キャリアのあるモデルさんを撮るなら、それを上回るキャリアのカメラマンが撮らないと、なんとも間抜けな映像になってしまう。
    特に、足フェチの私には、タイヤを外したスーパーカーを見ているような作品です。
    見た目も冴えないし、高性能だが使い物にならない。
    過去の作品は、良い作品がありますので、そちらをお勧めします。

イメージビデオのレジェンド

今後、この方を越えるモデルは出てこないかも知れないと思えるほど最高に気に入ったモデルさんです。
参加しているグループが見つかりませんでした。

宇宙歴さんのお気に入りレビュアー

宇宙歴さんのファン

  • 80年代のものならなんでも来い!です。
    最近の…
  • 映画観る時、何食べたりしてるのかな。
    やっぱり…
ぽすれん
Copyright(C)2011-2020 GEO CORPORATION All rights reserved.