映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ラプラスの魔女
ジュラシック・ワールド/炎の王国
イコライザー
アシガール
プーと大人になった僕
カメラを止めるな!
夏目友人帳
ドリーム
進撃の巨人
劇場版ポケットモンスター
スリー・ビルボード
オーシャンズ8
笑ってはいけない
機動戦士ガンダム
劇場版名探偵コナン
スターウォーズ
木村拓哉
大泉洋
ドラゴンボール超
スポットレンタルキャンペーン中
【期間限定】10枚以上のレンタルで旧作DVD全品 30%OFF
  • 5点 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
    ミッション:インポッシブル/フォールアウト
    【凱旋門でのカー・チェイス最高!】いい意味でアクション・バカを極めているトム・クルーズに共感、えらい!また、主役のイーサン・ハントが、常に絶対に一線を越さない、いいひとなのもイイ。そして、いつもの仲間…(続きを読む)
    【凱旋門でのカー・チェイス最高!】
    いい意味でアクション・バカを極めているトム・クルーズに共感、えらい!
    また、主役のイーサン・ハントが、常に絶対に一線を越さない、いいひとなのもイイ。
    そして、いつもの仲間達のチームワークも最高。
    本作でもトム様本人の実演によるリアルスタンとアクションシーンの見せ場の連続ですが、
    なかでも、パリ、凱旋門周囲のロータリー?でのカー・チェイスが最高です!
    凱旋門のすぐそばです!
    よく撮影許可が出ましたね!
    必見です!!!
  • 2点 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
    ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
    話として、映画がとして「スター・ウォーズEP3」の前日譚と「思わなければ」それなりに面白い。けれど、なんかバランスが悪いのは、主人公がやっぱりハン・ソロの若い時には絶対思えないから?好青年すぎるのは”デ…(続きを読む)
    話として、映画がとして「スター・ウォーズEP3」の前日譚と「思わなければ」それなりに面白い。
    けれど、なんかバランスが悪いのは、主人公がやっぱりハン・ソロの若い時には絶対思えないから?
    好青年すぎるのは”ディズニー”ブランドだから。
    このまま成長してもああはならない別人にしか思えない。
    さらに、 「スター・ウォーズ」だからと言ってヒロインに無理やりダークサイドを与えなくてもいいのに、
    スピンオフなら「ローグワン」がおすすめ、数倍傑作。

    という中でも、良かったのはチュー・バッカの若き日の活躍ぶりや、列車強盗シーンなど。
    特に良かったのは、ひねくれもの女ドロイドです。
    泣けます。好きです。活躍シーンが少なすぎて大変残念でした。
  • 4点 ランペイジ 巨獣大乱闘
    ランペイジ 巨獣大乱闘
    白日光の下でのビル街破壊と大乱闘がリアル!「パシフィックリム」や「GODZILLA」などでは夜間シーンが多く目まぐるしく動き回りましたが、本作では真昼間で、しかも俯瞰したショットなど巨大感をじっくり見て感じら…(続きを読む)
    白日光の下でのビル街破壊と大乱闘がリアル!
    「パシフィックリム」や「GODZILLA」などでは
    夜間シーンが多く目まぐるしく動き回りましたが、
    本作では真昼間で、しかも俯瞰したショットなど
    巨大感をじっくり見て感じられるのが良かった。
    また、巨獣と対等に戦ってしまう
    ドウェイン・ジョンソンは本作にまさにぴったり。
    その彼と息の合う”巨大白ゴリラ”がやる、
    「下ネタ」が爆笑。
  • 5点 シェイプ・オブ・ウォーター
    シェイプ・オブ・ウォーター
    怪物と美人でもないごく普通の中年女性のラブストーリー。大人のための寓話。監督さんは本当にモンスターが好きなだけでなく、本当にロマンチストなんだなぁと。ファーストシーンから特にラストまで、一貫してノスタ…(続きを読む)
    怪物と美人でもないごく普通の中年女性のラブストーリー。
    大人のための寓話。
    監督さんは本当にモンスターが好きなだけでなく、
    本当にロマンチストなんだなぁと。
    ファーストシーンから特にラストまで、
    一貫してノスタルジックな世界観。
    細かいところまで神経が行き届いているのがイイ。
    主演の・・・がヌードを披露。
    邦画ではクリーチャー映画で一般女優がヌードになることはないので、驚き。
    しかし話の中で自然で
    特に若い美人というわけでもないけれど普通に美しい。
    FOXサーチライトブランドはアタリが多いです。

超おすすめ☆史上最後の「大型娯楽時代劇!

東映が「時代劇復興」を目指し制作した「史上最後の超大作オールスター娯楽時代劇」。 1978年公開『柳生一族の陰謀』をはじめ、同年『赤穂城…』、79年『真田…』、80年『徳川一族の崩壊』の4作品。 ただし『徳川一族…』のみフィルム破損のため未ソフト化。代わりに89年『将軍家光の乱心 激突』(監督 降旗康男)をリストアップ。

itoya009さんのお気に入りレビュアー

  • こんにちは、ハム次郎 です。

    昔 深夜のT…
  • マニアです。レビューは基本的にだらだら、甘めの評価…
  • ゲ●のサイトを観た。
    驚いた。レビューもそのま…
  • 映画の感想や評価は人それぞれで、正解は無いと考えて…
  • ぽすれんでは、
    主にアニメをレンタルすることが…

itoya009さんのファン

  • 参考になったと表示されてすごく嬉しくなりました。
  • 80年代のものならなんでも来い!です。
    最近の…
  • 日本映画と外国映画(どこの国のでも)とでは、外国映…
ぽすれん
Copyright(C)2011-2019 GEO CORPORATION All rights reserved.