映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
スパイダーマン
五等分の花嫁
ダンまち
メン・イン・ブラック
プリズマイリヤ
アラジン
ライオンキング
石原さとみ
東村アキコ
深田恭子
新海誠
黒木華
池井戸潤
トイ・ストーリー
はたらく細胞
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
鬼滅の刃
ボイス〜112の奇跡〜
ワイルド・スピード
スポットレンタルキャンペーン中
10枚以上で旧作DVD・アダルトDVD 30%OFFクーポンプレゼント!

新着レビュー

  • 4点 ザ・ゲスト
    ザ・ゲスト
    面白かった!!なかなか面白かった!! ストーリーも面白かった!!ハラハラもある(続きを読む)
    happy14さん
    面白かった!!なかなか面白かった!!
    ストーリーも面白かった!!ハラハラもある
  • 4点 セブンス・サン 魔使いの弟子
    セブンス・サン 魔使いの弟子
    「魔法使い」ではなく「魔使い」が活躍するファンタジー。 「魔使い」とは魔女や魔物と対峙&退治する者、かな。 なかなかの豪華キャストで、テンポも良く、CGもすごい。 すべてにおいてレベルの高い作…(続きを読む)
    かずのこさん
    「魔法使い」ではなく「魔使い」が活躍するファンタジー。
    「魔使い」とは魔女や魔物と対峙&退治する者、かな。

    なかなかの豪華キャストで、テンポも良く、CGもすごい。
    すべてにおいてレベルの高い作品にもかかわらず、
    劇場公開されなかったのは、大人の都合かな。
    ハリー・ポッターの後継作品などと競合しそうな出来だし、
    作品の中身も少し大人向けのハリー・ポッターのようなかんじ。

    不満を言えば、男性陣はかなりイケテるのに、女性陣はイマイチ。
    貫禄のジェフ・ブリッジスに、ベン・バーンズはかなりの美形。
    なのに、ジュリアン・ムーアは怖いだけで、凄みのあるもっと美人が必要。
    アリシア・ヴィキャンデルはきれいさも色気も足りない。

    原作がたくさん出ているので、是非シリーズ化とも思いますが、
    ヒロインに「パイレーツ・オブ・・・」のキーラ・ナイトレイのような
    弾ける魅力が欲しい。
    劇場公開の収益がないと無理かな。

    脇役もなかなか豪華で、
    ジェイソン・スコット・リーが出ていたのはうれしいのですが、
    各人種を揃えなければならないハリウッド縛りは、
    人物設定に不自然さが否めないので、なんとかならんかな〜
  • 4点 グレイテスト・ショーマン
    グレイテスト・ショーマン
    1870年代前後、アメリカ大衆を沸かせたサーカスで大成功を収めた興行師、P・T・バーナムの伝記をモチーフにした ミュージカル映画。 1952年のセシル・B・デミル監督の 「地上最大のショウ」 でも、このサーカス団…(続きを読む)
    1870年代前後、アメリカ大衆を沸かせたサーカスで大成功を収めた興行師、P・T・バーナムの伝記をモチーフにした
    ミュージカル映画。 1952年のセシル・B・デミル監督の 「地上最大のショウ」 でも、このサーカス団が舞台となっていたが
    この映画はバーナムと妻チャリティを中心とした、虚実ないまぜのラヴ・ストーリーとチャリティの家族との確執と、
    興行的に成功するまでの、いわばハッタリともいえる人生を描く。
    監督のマイケル・グレイシーは初監督作品というが、CMで鍛えた動きのある 「見せる映像」 で飽きさせない。
    それに主役のバーナムを演じるヒュー・ジャックマンのキレのあるダンス・歌唱もすばらしく、「ラ・ラ・ランド」 で
    数々の名曲を生み出した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビによる音楽も、この映画の大きな
    成功要素となっている。
    いささかストーリーが単純・ありがちで陳腐な印象だが、ダンス・ミュージカル映画としては変化をつけた映像が次々と
    強引に引っぱるので、その分ウス目なストーリー構成を救っている。
    マイノリティへの映画でのバーナムの接し方も、アメリカのヘンな大統領と違い、現代社会の規範となるような扱いで好印象。
    「マリリン 7日間の恋」 でモンローを演じたミシェル・ウィリアムズが妻チャリティ役で出ているが、個性的なキャラの
    メンメンが多く出ているのでイメージ的には多少控えめ。
  • 5点 万引き家族
    万引き家族
    じわじわいろんな箇所で泣けました。 「誰も知らない」に似た雰囲気があって、大人たちはいわゆるワルですが、とにかく子供たちがかわいそうでした。 ワルと言っても、子供が欲しくてもできないとか、昔の自分…(続きを読む)
    E.T.さん
    じわじわいろんな箇所で泣けました。
    「誰も知らない」に似た雰囲気があって、大人たちはいわゆるワルですが、とにかく子供たちがかわいそうでした。
    ワルと言っても、子供が欲しくてもできないとか、昔の自分と同じように親から虐待を受けてる子をほおっておけない、とかいろんな感情があり、結果としてこんな複雑な関係の犯罪一家になってしまった、という感じです。
    でも捕まらなければ、この家族はそれなりに幸せだったようにも思えてしまうので、そのへんがこの作品のうまいところです。

    リリー・フランキーの子悪党ぶりもさることながら、安藤サクラの演技が秀逸。とくに終盤。
    是枝監督は、子どもたちも含め、自然な演技をする役者を集めるのがうまいと思います。もしくは演技指導がうまいのか。
    是枝監督のほかの作品を見たいとまたあらためて思わされた一作。

こんな人たちが参加しています

  (参加者一覧
  • アニメや、20プラス、ホラー系
    大好き人間です。
  • アニメとミステリダイスキです。
  • 基本的に、洋画が好きです。
    基本的に、ゾンビが走るのは許せません。

    基本的に…
  • ♂看護師うつ病にて自宅療養中
  • 未来の世界の猫型ロボット
  • 食パンは湯ごねが好きです。

こんなグループがあります

新着お気に入りリスト

ぽすれん
Copyright(C)2011-2019 GEO CORPORATION All rights reserved.