映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
レオナルド・ディカプリオ
小松菜奈
阿部サダヲ
超高速!参勤交代
中村蒼
庵野秀明
ゴジラ
山崎賢人
土屋太鳳
堺雅人
新垣結衣
ミラ・ジョヴォヴィッチ
山田孝之
岡田将生
エマ・ストーン
ライアン・ゴズリング
川口春奈
片渕須直
高橋一生
満島ひかり
スポットレンタルキャンペーン中!
★2,200タイトルのドラマ第1巻がいまだけ【無料】!

petario

DVD   CD
 
   
年 〜 
     
890件のレビューが登録されています。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件

ドラマW 三谷幸喜「大空港2013」

4点 2017-03-21
地方空港で繰り広げられる一家の騒動を描いたドラマです。舞台は空港のロビーだったり、レストランだったりと映像を楽しむものではない…というのは三谷幸喜氏の作品ということでもうお分かりですよね。他の作品と同様、ベテランの役者さんたちが、笑える脚本をいかにさらに面白くするか切磋琢磨しているとすらいえるドラマに仕上がっています。

中でも、一家の部外者であるグランドホステス役の竹内結子が、失礼ながらベテランの役者人に囲まれて輝くような演技をしていたのには驚きました。竹内結子が出演する今まで観た作品の中で、わたしはいちばん好きですね〜。また、セリフの間の取り方がみなさん絶妙で、これぞ三谷コメディの真骨頂と言えるのではないでしょうか。

家族や親戚が集まるといろいろとあるものですが、それが東京行きのフライトが遅れたために、空港内でいろんなことが一気に噴出して、てんやわんや!さあ、どうするという場面で、笑いに持っていったり、ちょっとクスッとしちゃう展開があったり…と楽しませてもらいました。

★3.5くらいですが、ワンカット・ワンシーンでこの作品を撮ったということは、誰かがNGを出したら、やり直しってことですよね。そのプレッシャーの中でのみなさんの演技はスゴいということで、切り上げます。

海月姫

2点 2017-03-21
能年玲奈が主役の作品というよりも、女装した菅田将暉を鑑賞する作品になっていませんかね?確かに、菅田将暉は小顔だし細いので女装したら似合うと思いましたが、作品のノリに全然ついていけなかったのと、オタク女子のオタクぶりがあまりわからなかったので、あまり楽しめませんでした。ラストのファッション・ショーもチープさが目についてしまって、、、

もっと天水館の住人のキャラをキッチリと描いてほしかったところですが、長谷川博己や片瀬那奈が目立ってしまって、全体の作品としてのバランスも悪かったと思います。池脇千鶴と篠原ともえは出演していることすら気付かなかったので、もったいないです。速水もこみちもなんであの役を受けたんでしょうね。。。

おそらく、原作のファンの方や若い方にウケる作風なのでしょう。ギャグもあまり自分のツボではなかったですが、この独特の世界観にハマる人はハマるのでしょうかね。この作品の良さがわからなくて、ごめんなさい。菅田将暉が美女に見えたので、メイクやスタイリストさんの力ってスゴいですね…というのが正直な感想です。能年玲奈も可愛くメイクするのと普段とで別人のようでした。やはりこの作品の鑑賞のしかたが間違っているかもです。

フラガール

4点 2017-03-20
初めて観たときは★5くらい感動しましたが、いま改めて二回目観るとなぜか色あせて感じるんです…。蒼井優のダンスをまた観たくてしましたが、気になる点がいくつもありました。佳作には間違いないのでしょうが、、、その理由は、.侫薀瀬鵐垢粒聞イ鬚靴討い泙垢、ダンス自体がベリーダンスやチアダンスがミックスされたものになっていて、フラダンスとは言い難いです。

▲侫薀瀬鵐垢妨造蕕坤瀬鵐好ΕД△箸いΔ里蓮△△訥度肌の露出がありますが、それへの村全体の嫌悪感(「ストリップ」という人もあり)、実際そうだったのかもしれませんが、不快に思いました。8緘召呂涙頂戴的に感動へと持っていっていますが、前半は松雪泰子の悪態といい、村全体の暗い閉鎖感といい、なんとなく湿っぽい匂いがしました。

ラストのハワイアン・センターでの舞台は、おそらくセミプロ級のダンサーの人が加わった撮影だったと思われるので、なかなか迫力も見応えもありました。というわけで、初見で感動したのにしばらくして観ると、アレレな感じがする自分的には代表作の一つです。もう真犯人がわかっているから面白くない…というのとも違いますし。

ダンスも本当に初心者がプロ級になるには、本当に死ぬほど大変なのに、映画ではアッサリいつの間にか上手になっていて、もう少しスポ根的な過程があって、少しずつ上達するように描いてほしかったですかね。当時の情勢や炭鉱町のシリアスさを背景に明るいフラダンスを持ってきていますが、そんなに村人も急に受け入れられるとは思わないんですよね〜。実話ということですが、実際にはラストの状態になるまでスゴい年月がかかったのでしょうね。

二回目観たら★3くらいに思いましたが、初見では★5と感じましたし、ベタではあるけどこういった路線の映画の王道は外していないということで★4とします。

愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜 前篇

4点 2017-03-19
宝塚ファンというわけではないですが、感心はあるので本ドラマを観てみました。お正月に放映されたそうで、キャストも華やかですね。戦時中の宝塚の様子も背景にしっかりと加えられていて、阪神淡路大震災もちゃんとストーリーに絡んでくるというところが、史実と宝塚という場所ならでは…という要素だと思います。

男役トップスターの藤原紀香がその男前ぶりを発揮していて、実際藤原紀香が主役と言ってもいいでしょう。実際宝塚劇場で撮影されたそうで、結構重い衣装を着て颯爽としている藤原紀香はカッコよかったです。あと、空襲警報が鳴っても、幕を下ろさなかったというところで、宝塚の宝塚たる所以を感じましたね、アッパレ!

それにして、こんな豪華キャストがヅカ・メイクをしているのは、レアものですよ。ストーリーは、タイトル通り、それぞれの青春と恋愛が同時進行するかたちとなっていて、悪くはなかったです。舞台にかける情熱や愛する人との別れなど、ジーンとくるシーンもありました。よく2話でまとまっていますね、中だるみすることなく一気にって感じです。

ストーリー的にはやや陳腐とも言えなくないですので★3.5くらいですが、こういうレアなドラマということで、宝塚ファンの方にもおススメできるのかな〜(ファンの方はステージを観て目が肥えてらっしゃるから…どうなんでしょ)。こんな豪華なキャストの宝塚のお話も悪くはないのではないですか?ドラマですけど、映画化してもいいくらいではないかと思いました。

マダガスカル

4点 2017-03-19
『マダガスカル3』を見て、メチャクチャ楽しくて面白かったので、シリーズの始めから観ることにしました。3でも書いたことと重複するかもしれませんが、動物の表情やセリフがアメリカっぽくて…マンハッタン育ちの子たちですものね。それぞれのキャラもしっかり刷り込まれていて、ノリノリでストーリーは進行します。

初回は野生にあこがれるシマウマのマーティに、根っからのニューヨークっ子のライオンのアレックス、ちょっと臆病なキリンのメルマンにしっかりもののカバのグロリア…そしてペンギンたち。初回は野生に戻りたいと思う気持ち、野生に戻ったら肉食と草食で仲間ではいられないというジレンマ…初回は、そんなテーマだったのですね。

笑いのツボも満載ですし、聞いたことのある有名な音楽も挿入されていたり、エンドロールのみんなのダンスもあってサービス満点です。映像も凝っていて、これぞドリームワークスの作品って感じです。マンハッタンも微細に描写されていましたし、大自然の風景も見事でした。

セリフの掛け合いもシンプルだけど小じゃれていて、センスも良いですね。本能を超えて仲間を大切にするという深いものも読み取れて、明るく楽しいだけでは終わってないところもよろしいかと思います。これは、シリーズ全作品観ない手はないのでは。。。

ベジャール、そしてバレエはつづく

3点 2017-03-19
モーリス・ベジャールが亡くなった後のベジャールのバレエ団の行く末を模索するドキュメンタリーです。ダンサーの美しいカラダの動きに圧倒、魅了されました。本作のようなドキュメントは何作か観ていますが、いつも思うのはバレエのストイックさです。バレエを踊るために、日々生きているメンバーの過酷な練習風景と努力の賜物がうかがえます。

メンバーたちが師匠への思いを胸に抱きながら、また新しい何かを融合させて自分たちの新しい未来のための創造物を求めている姿には感動しました。ベジャールを回顧しているシーンはなく、天才振付師を失ってしまってどうしていいかわからないけど、ベジャールの魂を受け継ぎながら新しい世代を築いて行こうというメンバーの精神的な苦労と、練習に練習を重ねる肉体的な鍛錬が織りなすストイックを極めた世界に浸ることができました。

ベジャールのファンの方には特におススメですが、バレエに興味がある方は観て損はないと思います。また、バレエに詳しい方は、いろいろとこだわった視点をお持ちでしょう。わたしは、「ボレロ」ではベジャールの今も生き続ける魂を、新作の「アリア」の練習風景では、メンバーの未来への葛藤を見たような気がします。

デニス・オースティンのファット・バーニング・4ダンス・ダイエット

3点 2017-03-18
ダンス・エクササイズのハウツーものにしては、難易度はそれほど高くありません。『ジリアン・マイケルズ』のエクササイズは続かずギブアップした自分ですが、本作品は簡単な動きを上手くコンビネーションしているので、楽しく自宅でエクササイズできました。

いろんなダンスの動きを取り入れているので、いろんなカラダの部分に効くように思いました。7人くらいでスタジオでダンスしますが、ほとんどが女性で一人だけ男性がいました。女性はみんなお腹を出してエクササイズしていますが、一様に腹筋がスゴいですね〜。ダンサーなのでしょうかね。。。

デニスの鍛え上げたカラダもモチベーション・アップになりますが、あまり細すぎないのがよいです。筋肉がつくべきところについているのでしょうね。簡単な動きですが、このエクササイズを継続しているとシェイプアップできるでしょう。「ファット・バーニング」というほど汗が噴き出る感じはしませんでしたので、物足りないと感じられる方もおられるかもしれません。

バーレスク

4点 2017-03-18
歌よし、スタイルよし、顔よしのクリスティーナ・アギレラの歌と踊りが堪能できます。歌唱力には、改めて圧倒されました。作品のストーリーはシンプルですし、ラブ・ストーリーもなくてもよいくらいなので、アギレラのPVみたいとの言えなくはないのですが、それでも迫力はありました。

歌姫のアギレラはステージでは舞台用の化粧をしていてそれもステキなのですが、映画ではスッピンに近い自然なアギレラ…別の魅力的な顔を観ることができます。田舎から出てきた娘のサクセス・ストーリー、それに仲間や先輩との絆などを描いたものはたくさんありますが、シェールの演技力や歌唱力が脇を固めて、そういう意味ではなかなかレアなものではないでしょうか。

もちろんサントラを買って楽しむのもいいですが、踊りと歌という意味では、何度でも観たくなる作品です。いちばん好きなのは、アギレラがステージでアカペラで歌い出すシーン…ここでは鳥肌が立ちました。ミュージカル・ファンの方そしてアギレラのファンの期待は裏切らない出来栄えです。アギレラ以外のバーレスクのメンバーの歌唱力と踊りのレベルも高く、ステージは圧巻の連続でした。。。

あと、ステージ衣装も華やかですし、アギレラが普段来ている服もオシャレ…目や耳が肥えた気がします。シェールって65才近いって本当ですか?美貌、貫禄、演技、歌ともに冴えていますね〜。アギレラとのコラボも味があって成功しています。

映画 深夜食堂

3点 2017-03-14
「人は深夜食堂って呼んでる。人が来るかって?それが結構くるんですよ」という夜中に開店して朝閉店する小さな「めしや」のマスター(小林薫)…とても良い味を出しています。口は重いけど、とても人情味があって、そしてその人柄がつくる料理にもにじみ出ているんでしょうね。

常連さんの人生にかかわるエピソードが流れていき、そこに人の機微が暖かく感じられるんですよね。本作品には、3つのドラマがあり、どれも劇的なものではないけれど、人生に起こり得るもので、そういう出来事があったときに、こんなお店に行ってマスターの料理が食べることができたら、心強いことでしょう。

常連さんや近くの交番の巡査(オダギリ・ジョー)もマスターの人柄をわかっていて、深夜食堂に惹きつけられる人たちです。マスターの周りに自然に人の輪が広がっていって、そんな人たちが集まる憩いの場所…都会の片隅にそんな場所があるというのがなんとなくホッとさせてくれました。

このゆるい雰囲気に癒されましたが、この作品はわざわざ映画化する必要があったのかどうか…3つのドラマでよかったのではないかという気もします。映画にするのなら、3つのドラマをリンクする何かがあれば、よりよかったのではないでしょうか。

お料理はどれも美味しそうでしたが、特に卵焼きとナポリタンはもう観ているだけでごちそうになった感じがしました。ドラマは続篇が続いていくといいですね。小林薫の演技は、いつものようにいぶし銀のような風格です。

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-

3点 2017-03-14
ミステリーとしての着眼点はなかなか良いものの、プロットも強引ですしストーリーも粗削りでした。「万能鑑定士」というタイトルと序盤の卓越したヒロイン・莉子(綾瀬はるか)の推理力からもっと違うものを想像していたのですが、後半はモナリザの絵が本物か偽物かに焦点が当てられ、その他は雑に取り扱われた感じです。

あるトリックで莉子が元来の認識能力を失いかけるエピソードは…?とか、絵が検閲をパスする方法も複数用いられて、端折られた部分が多かったと思います。原作は読んでいないので何とも言えませんが、莉子が認識能力を失わされたトリックとして、間違ったことを繰り返し学習させられると次第にそれを正しいと思い込んでしまう、脳のシナプス結合など専門的なことについて詳しく説明してあるのではないかと思います。それに、「万能鑑定士」というからには、もっと雑学を知っていてそれを駆使した推理力を発揮したのでしょうね…原作では。

とは言え、パリのロケやらフランス語が出てきたリで、おフランスな雰囲気が味わえて、個人的には悪くはなかったとそこそこ満足しています。モナリザの絵が偽物と本物(どれかもちろんわかりませんが)がズラっと並んでいる映像は圧巻でしたし。深く味わうミステリーではなく、ダヴィンチの雰囲気にひたりながらのんびりと浅く楽しむ作品だと思えば、サックリと楽しかったです、はい。綾瀬はるかのファンの方にはおススメで、松坂桃李のファンの方には微妙ですね…ボンクラ記者のイメージがよくないかもです。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件
宅配DVDレンタルならぽすれん
ぽすれん
宅配DVDレンタルならぽすれん。単品レンタル95円から。月額レンタルは今なら1ヶ月(30日間)無料!ネットでレンタルするだけでご自宅まで宅配します。
洋画・邦画・海外ドラマを中心に多数のジャンルの作品を取り扱っています。あなたのお好きな作品を気に入ったときにいつでも宅配レンタル可能です。
Copyright (C) 2017 GEO NETWORKS CORPORATION. All rights reserved.