映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
攻殻機動隊
ジョニー・デップ
アンバー・ハード
岡田准一
黒木華
沢尻エリカ
長澤まさみ
長谷川 博己
ラブライブ
北野武
スターウォーズ
進撃の巨人
孤独のグルメ
広瀬すず
吹石一恵
深田恭子
山本耕史
木村拓哉
二階堂ふみ
桐谷美玲
スポットレンタルキャンペーン中!

petario

DVD   CD
 
   
年 〜 
     
920件のレビューが登録されています。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件

【Blu-ray】サウスポー

5点 2017-05-16
まずはなんと言っても、ギレンホールのカラダのつくり込みと役のつくり込みに圧倒されました。ボクサーのカラダ、絶頂期とどん底の時代のヒーローを熱演しています。ギレンホールがボクサー役?って思いましたが、役者さんってスゴいものですね…役に入り込んでいましたよ。。。フォレスト・ウィンテカーもいつもながらいい味を出しています。

タイトル自体がネタバレしてる…と思ったのですが、この作品はラストが見せ場ではなく、あるボクサー、あるいはある一人の人間の再生を描いた作品なのだと思います。すべてを失ってそこからまた這い上がるには、練習することの前にするべきことがある…と作品に教えられた気がしました。

カメラワークもよく、臨場感たっぷり。自分がパンチを打っているような感覚になりましたし、ボクシングのスピード感もスゴかったです。ボクシング・ファンの方にはぜひおススメ、そうでない方にも家族を思う気持ちによって、ヒーローがどう成長したのかが見応えがあるのでは、と思います。

『チャンプ』のオマージュ(?)という印象もありますが、新しいかたちで家族愛を描いたボクシング映画ですね。2時間以上という長尺でありながら、画面から目が離せずに、一気に鑑賞しました。ボクサーを目指す底辺の人たちの様子も織り交ぜながら、リアリティという面からも取ってつけたところが全然ない作品だと思います。★4.5くらいですが、やはりギレンホールのすべてが圧巻だったので、満点です。

ブリジット・ジョーンズの日記

3点 2017-05-16
シリーズ三作目の「ダメな私の最後のモテ期」がよかったので、初回作も観てみることにしました。30代で独身で小太りでドジなブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)は、お酒とタバコがやめられずに、なかなか恋愛にも恵まれません。そこに、現れたのが…。

ブリジットの可愛いらしさで持っているようなラブコメかな?未公開シーンも観ましたが、特に最初とラストの未公開シーンはなぜ入れなかったのか…?あった方が、この作品の独特のホンワカしたムードが際立ったのに…と思いました。

同じ境遇ではないと感情移入もできないし、共感もできないので、英国風のラブコメとしてボーっと観ました。三作目はそれなりに感動したんですがね、、やはりこの作品はストーリーを追うというよりも、この境遇の女性の心境を一コマずつ表現しているシーンを凝縮したイメージ・ワールドっぽい感じです。

レニー・ゼルウィガーは、体当たりの演技でよかったのではないでしょうか。ブリジットに適役なのは彼女くらいしか思い浮かばないくらいです。脇を固める俳優陣も豪華な面々でで、演技も素晴らしかったと思います。

今観ると若干の時代のズレも感じます。この独身の多い時代、ムリに結婚しなくてもいいのでは…?それよりしっかりとした仕事を探した方が…とか現実的なことまで考えてしまうとこの作品は楽しめないですね。ブリジットの可愛らしさを堪能できれば、それでよしとする作品なのですから。

7ミニッツ・ダンスダイエット〜ボディシェイプ〜

3点 2017-05-13
2010 日本 その他HOW TO
作品のイメージ: ためになる
出演: 関口泉
エアロビクスではないですし、ダンスなんですがどのジャンルに入るのかは…?って感じです。ABBAのヒット曲に合わせて踊るのですが、ちょっと昭和の美容体操という雰囲気もしました。

各7分ずつの:
“姿勢(テイク・ア・チャンス・オン・ミー)
美シェイプ1(ダンシング・クィーン)
Hシェイプ2(マンマ・ミーア)
と脚(ギミー・ギミー・ギミー!)
イびれ(恋のウォータールー)

そして、【応用編】の5曲連続エクササイズという構成です。,らイ泙任呂靴辰りと動きの説明が入り、後ろに女性二人がダンサーとして加わっています。応用編では、ジャケットのダンスの先生が一人で踊り、前と背面の両方がわかるようになっています。応用編を連続で踊ったら、息が切れました。

毎朝7分、目覚ましにいいかもしれませんが、購入するまで魅力的なダンス、あるいは効果的なエクササイズ、とは言い難い感じです。

プレミアムボディ vol.1 アクティブヨーガ マインド&ボディシェイプ

3点 2017-05-12
2004 日本 その他
作品のイメージ: ためになる
出演: 鈴田香織
「呼吸法の習得」「緊張緩和と覚醒」と「ポーズのシークエンス」のチャプターがあります。わたしは、「ポーズのシークエンス」を主に行いました。「ポーズのシークエンス」(パワーヨガ系)には、「初級」「中級」「上級」「仕上げ」と「中級と上級の連続エクササイズ」があり、「中級と上級の連続エクササイズ」をするとかなりパワーヨガをした気になります。

しかし、同じポーズの繰り返しなので飽きてくる…といった点があります。ポーズの内容も大切ですが、上手く継続させる工夫もこういうハウツーものには必要なのではないでしょうか…ということで一通りやったら十分のように感じました。音楽もあまり気の利いた感じもしませんでしたし、本気で筋力を鍛えるぞ〜という覚悟がないとなかなか続けることが難しいという印象でした。

仕上げのポーズに、キャメルのポーズというのがあり、わたしはこれが出来ませんでした。他のポーズはパワーヨガによくある英雄のポーズや三角のポーズや太陽礼拝をちょっとアレンジした感じのポーズで、筋肉をつけるにはなるほどとうなずけるポーズばかりでした。

POWER YOGA Vol.2 パワーアップ編

4点 2017-05-08
2006 日本 その他HOW TO
作品のイメージ: ためになる
一つ一つのポーズをゆっくりしっかりと、丁寧な説明に沿って行うメニューになっています。太陽礼拝は、スワンのポーズを入れることにより、少しアレンジしています。呼吸のとり方をちゃんと説明してくれるので、一通りするとヨガをした満足感に浸れます。

まず、ウォームアップ、呼吸法から入り、パワー系は、英雄のポーズのAとB、太陽礼拝のポーズのアレンジ版、三角のポーズなど。パワー―チャージ系は、ワニのポーズ、チャイルド・ポーズ、鍬のポーズ、魚のポーズなど。「トータルで行う」を選ぶと結構キツかったです。

チャプター毎の選択も可能ですが、ポーズ毎に選択するのではなく、「体内を浄化する」『内臓機能を活性化する」「代謝を促しシェイプアップする」というパート毎の選択になります。ラストのシャバーサナはスキップしようかと思ったのですが、音楽と癒しの声がスバラシかったので、思わずそのままリラックスしてしまいました。

購入して手元に置いておいてもいいくらいのハウツーものなので、高評価です。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

4点 2017-05-08
「ブリジット・ジョーンズ」シリーズのジ・エンドみたいな作品でしょうか。「え〜、こんなモテ方ってあるの?」と現実的には思ってしまいますが、でも途中から「こんなモテ方ってステキ」と思っちゃいました。ラストもいい感じにまとまっています。

わたしは、前作二作品とも観ていませんが、ストーリーについていけないということは、全くなかったです。レニー・ゼルウィガーの声が可愛くて、「ドジな」というのにピッタリ調和していたと思います。二人の男性の紳士ぶりにも感服…ある意味英国的ですよね。。。

滑り出しが少しドタバタ、ゴチャゴチャとしてスッキリしていませんでしたが、ラストに行くに従って、なんかホンワカと暖かい気分になりました。シリーズを上手く締めくくりましたね。前二作品(特に初回作)も観てみたくなりました…というのは、ストーリー的にはB級っぽいのですが、可愛くて愛すべき(?)ムードが溢れているのです。

★3.5くらいですが、型破りのストーリーを上手く独特の雰囲気(甘いお菓子みたいな)まとめているというところで、高評価です。

ポジティブスターヨガの イイカラダを創るヨガ

3点 2017-05-05
「イイカラダ」というからには、パワー系のヨガかと思いきや、初心者向けのヨガのハウツーものです。ポーズの説明は丁寧ですので、初心者の方におススメです。でも、右と左のポーズのあるものは、片側しかしてくれので、一旦停止してもう片側をしなくてはならないのが難点です。ポーズは:

^愡劼離檗璽
¬擇離檗璽
三角のポーズ
ちイ離檗璽此幣綉藜圓錬峪のポーズまで)
ゾコブラのポーズ(上級者は大コブラのポーズ)
針の糸通しのポーズ
鳩のポーズ
┻蹐隆蕕離檗璽
橋のポーズ
魚のポーズ
上半身ねじりのポーズ

チャプターごとに選べるので、自分の苦手なポーズを選択して練習することもできます。

ダンス・レボリューション ザ・ニュースタイル

2点 2017-05-05
ダンス自体が★2(エンドロールのダンスがいちばんマシだった)、ストーリーも★2(三角関係でグダグダな展開)、音楽も★2、オシャレ度が★4(ダンサーのファッションがオシャレだった)…みたいな感じでしょうか。

ヒップホップでの「ロミオとジュリエット」を公演をするというサクセス・ストーリーなのですが、全体的に迫力に欠けるんですよね〜。これまでの「ダンス・レボリューション」(特にジェシカ・アルバ主演の最初の作品)がよかっただけに、だんだんクオリティが低下していっているようで残念な感じでした。

公演の内容にバレエのイメージを加えるっていう話になってきて、自分好みかなという期待をよそに、出来上がった内容は大してバレエを折り込んでいるわけでもなく…。ステップアップ・シリーズと比べても、イマイチ。ダンス映画のワースト10に入ると思います、自分的には。

2012 miss UNIVERSE Japan DOCUMENTARY 夢・光り輝くステージへ、今羽ばたく

2点 2017-05-05
ミス・ユニバースの選考過程を軸に、選ばれた人たちのインタビューや練習風景を撮っている作品ですが、なんだかまとまりのない印象を受けました。もう少し一人一人の人を追って撮るとかしてもよかったのでは、、、誰が誰だかわからないまま進行します。

ダンスも選考基準に入ってるんですね…でも、ダンスはどの人もイマイチ。スピーチもみんなきれいごとばかりを並べているような感じでした。選ばれるのは、やはり日本人好みする日本人女性ではなく、外国の人が好むエキゾチックなタイプな人なんですね…いつも思いますが。

特典映像のダイエット方法がお目当てだったのですが、姿勢の正し方とか簡単な筋トレとかで、みんな知っているようなものばかりなので、ためにもならなかった感じです。水着姿とかも見ましたが、みんな細いだけで、、、もっとポン・キュッ・ポンの人の方が同性から見ても魅力を感じますねえ。

コーラスライン

4点 2017-05-04
歌よしダンスよし…でも、『バーレスク』と比べるとなぜか迫力がない…なぜでしょう?それは、歌やダンスの間に入るオーディションに参加した人のそれぞれの身の上話が、少しダラダラ感につながっているような気がします。

ダンスは、時代的にも『ステイン・アライブ』と共通するようなジャズダンスとステージダンスをミックスしたような感じ…ラストは合格した人も落選した人もみんなでミュージカルのようなパフォーマンスを名曲“ワン”で披露するのはよかったと思います。

随分昔の映画だからネタバレにもならないだろうけど、「前の列の人、お疲れさまでした」っていうのは残酷よね〜。でも、ダンスっていうのは残酷な世界。ダンス的には、グリーンのウエアを着た彼女のダンスが段違いによかったです。

ダンサーたちの抱える問題や苦悩、そして厳しい世界の内幕がうかがえて、ダンスに興味がある人には必見映画だと思うんですが、ダンス映画のおススメに意外とランクインしていないんですよね〜。どちらかと言えば、映画で見るよりもミュージカルで観た方が映える脚本になっているからかもしれません。ミュージカルでもぜひ観てみたいものです。

でも、キャシーの存在意義がよくわかりませんでした。キャシーとザックの関係がなくても、この作品は成り立ったのではないでしょうか。★3.5くらいですが、観るたびに名曲でのダンスに心を打たれるので、切り上げます。
 1  2  3  4  5  6  7  8 次の10件
宅配DVDレンタルならぽすれん
ぽすれん
宅配DVDレンタルならぽすれん。単品レンタル95円から。月額レンタルは1ヶ月(30日間)無料お試し!!ネットでレンタルするだけでご自宅まで宅配します。
洋画・邦画・海外ドラマを中心に多数のジャンルの作品を取り扱っています。あなたのお好きな作品を気に入ったときにいつでも宅配レンタル可能です。
Copyright (C) 2017 GEO NETWORKS CORPORATION. All rights reserved.