映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
北野武
スターウォーズ
進撃の巨人
広瀬すず
深田恭子
山本耕史
木村拓哉
二階堂ふみ
桐谷美玲
ベネディクト・カンバーバッチ
安藤サクラ
大泉洋
滝沢秀明
武井咲
新海誠
ドラゴンボール超
おそ松さん
マクロスΔ
化物語
ジョジョの奇妙な冒険
旧作全品95円
  • 3点 シャーロック・ホームズ
    シャーロック・ホームズ
    「シャーロック・ホームズの肉弾戦」って感じの映画でした。ホームズも、ワトソンも殴る・蹴る・筋肉・投げる・筋肉・締める…NICEバルク!って声かけてあげたいくらい。あれーホームズってこんなマッチョだったのね…(続きを読む)
    「シャーロック・ホームズの肉弾戦」って感じの映画でした。
    ホームズも、ワトソンも殴る・蹴る・筋肉・投げる・筋肉・締める…NICEバルク!って声かけてあげたいくらい。あれーホームズってこんなマッチョだったのねー。
    バトルシーンをそんなに描きたいのかっ!てくらいしつこく、男たちの荒々しい筋肉が描かれております。あれ?これ、「300(スリーハンドレッド)」だっけか?と思ったくらい。

    私の頭の中のホームズはやはり帽子を目深にかぶって、ちょっと変わってるけど頭だけはギンギンに冴えてていつもワトソンをちょろっと小馬鹿にしていて、背が高くて婦人には優しいスマートな英国紳士、みたいなのを勝手にイメージしていたので、それとはずいぶんかけ離れた、マッチョなホームズ様でした。
    ただ、このマッチョなホームズが、作中でてくる怪しげな魔術と絶妙なバランスで、映画自体がファンタジーに偏りすぎず、とてもよかったと思います。

    映画は怪しげな魔術を施すシーンから始まり、ホームズが魔術の正体を暴こうとするスタンダードなミステリー。
    最後の方まで、死者が蘇えることなんてあるのか、魔術は本当にあるのか分からず、ハラハラ・ドキドキ。

    ちょっと注文つけたいのは、レイチェル・マクアダムスの顔が若すぎるかんじがした…。そしてホームズがなんかロリコン風味にみえてしまった…。もうちょっとムチムチバイーンな女優さんの方がよかったんじゃないかなー、なんて。
  • 3点 ベスト・オブ・おおきく振りかぶって 〜夏のスコアブック〜 2
    ベスト・オブ・おおきく振りかぶって 〜夏のスコアブック〜 2
    アニメ2期がはじまる前に復習のため総集編をレンタル。前・後編とあって、前編は対美星学園戦まで、後編では対桐青高校戦までをまとめてます。やはり総集編だけあって、だいぶ端折ってしまっている感がありますので…(続きを読む)
    アニメ2期がはじまる前に復習のため総集編をレンタル。
    前・後編とあって、前編は対美星学園戦まで、後編では対桐青高校戦までをまとめてます。

    やはり総集編だけあって、だいぶ端折ってしまっている感がありますので、おお振りみたことないけど、短時間で把握したい、という方がいてもお勧めできないです。魅力半減です。

    ・1度、本編を見ことがある
    ・主に試合を中心に見ている
    ・ざっくり復習したい場合

    にお勧めです。
    合宿や、桐青戦後のカレーシーンなど、試合以外のほのぼの名シーンはだいたいカットされてます…。

    前篇では新作カットが挿入されているとのことですが、指摘されないとどこのシーンかわからなかったです…。三橋のバースデーシーンだそうですが、これだけのために改めて借りる価値あり!というと…ちょっと微妙かな。結構短いシーンでしたので、満足感は薄いかもです。
  • 3点 そんな彼なら捨てちゃえば?
    そんな彼なら捨てちゃえば?
    スカーレット・ヨハンソン、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモアというラブコメの女王達が夢の競演!みたいに宣伝していたのですが、ヨハンソンや、ジェニーの出番はまああるとして、ドリュー・バリモアの…(続きを読む)
    スカーレット・ヨハンソン、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモアというラブコメの女王達が夢の競演!みたいに宣伝していたのですが、ヨハンソンや、ジェニーの出番はまああるとして、ドリュー・バリモアの出番が殆どないですよ。ちょい役でした。なのでドリュー目当てでで見ると残念な映画。

    辛口でキャラクターを評するなら、

    ジェニファー・グッドウィン…基本的に男選びがダメダメドジっ娘ちゃん
    ベン・アフレック…人とは違う自由な俺が好き
    ジェニファー・アニストン…なぜか結婚できない女
    ジェニファー・コネリー…ギスギスガミガミ奥様
    ドリュー・バリモア…喪女
    ジャスティン・ロング…説教だけは一丁前
    スカーレット・ヨハンソン…尻軽女
    ブラッドレイ・クーパー…クズのなかのクズ(役者さんじゃなくて役どころですよ!)

    そんな彼らが繰り広げる愉快なラブ・ストーリーですよ!

    ジジのような純粋というか、ダメ男に引っかかっちゃう子…アナタの周りにもいませんかね。しょーもない男と付き合ってる女の子。良い子なのにねえ。そんな男と別れちゃえば良いのに、でも別れられないから…の繰り返し。ジジを見ているとそういう子らを思い出してしまいますよ。

    そんなカレなら捨てちゃえば?じゃなくて、いいえ、真実の愛はきっとある…☆みたいな内容でしたね。タイトルに比べて、中身は嘘みたいなロマンチックでした。。男と別れられない女の子の「教訓」には全くならなそうだけど、女子同士でワイワイと見たらいい映画。
  • 3点 ひゃくはち
    ひゃくはち
    パッケージを見て、ああこれは、表舞台には決して立てない子たち〜ベンチ入りが叶わなかった応援部員だけど、俺たちの【想い】はベンチに届いているはず〜を描いたドキュメンタリー風映画かと思っていた。でもそうじ…(続きを読む)
    パッケージを見て、ああこれは、表舞台には決して立てない子たち〜ベンチ入りが叶わなかった応援部員だけど、俺たちの【想い】はベンチに届いているはず〜を描いたドキュメンタリー風映画かと思っていた。

    でもそうじゃなかった。甲子園常連校の補欠部員のマサトとノブ。彼らの思いは「応援部員になんてなってたまるか、甲子園のベンチに入れなきゃ、3年間頑張ってきた意味がねえ!」だった。彼らは漫画に出てくるような、いつもヒーローを立てる、謙虚で真面目なだけの脇役ではなかった。マサトとノブの目標は至ってシンプルだった。彼らは同学年のエース達と同じように試合に出たいと高望みをしているわけじゃない。ただ背番号を貰いたい、ベンチに入りたい!それだけ。応援部員になるのは嫌だ。その思いは果たして叶うのかどうか…最後まで祈るような気持ちで見てしまった。

    頭の中はスケベなことでいっぱいだし、タバコだってサプリメントっすよ〜と言いながら吸っちゃうし、自分が甲子園のベンチに入るためにはどんなことでもする、俺のポジション邪魔する奴は怪我でもしねえかな…とても人間味溢れた彼らの姿に、最初は爽やかじゃないぞ〜と感じていたけれど、後半話を進めるにつれ、どんどん引き込まれていった。PG-12は妥当かな、と思うけれども、とても人間臭い高校野球児をみたい方はぜひどうぞ。

    ★3なのはわりと辛口です。いい映画だと思うけど、タバコ吸わず、ほんとに真面目にやってる高校球児もいると思うから。

おちんさんのお気に入りレビュアー

おちんさんのファン

  • 皆様ご無沙汰しておりました。また長期の入院生活より…
  • うすっぺらい感想しかかけませんが
    そんなレビュ…
  • dec
     かれこれ3年で1400本もレンタルしてお世話にな…
宅配DVDレンタルならぽすれん
ぽすれん
宅配DVDレンタルならぽすれん。単品レンタル95円から。月額レンタルは1ヶ月(30日間)無料お試し!!ネットでレンタルするだけでご自宅まで宅配します。
洋画・邦画・海外ドラマを中心に多数のジャンルの作品を取り扱っています。あなたのお好きな作品を気に入ったときにいつでも宅配レンタル可能です。
Copyright (C) 2017 GEO NETWORKS CORPORATION. All rights reserved.