映画コミュニティ

会員登録 ログイン はじめての方はこちら
詳細検索
注目のキーワード
ドラゴンボール超
おそ松さん
マクロスΔ
化物語
ジョジョの奇妙な冒険
レオナルド・ディカプリオ
小松菜奈
阿部サダヲ
超高速!参勤交代
中村蒼
庵野秀明
ゴジラ
山崎賢人
土屋太鳳
堺雅人
新垣結衣
ミラ・ジョヴォヴィッチ
山田孝之
岡田将生
エマ・ストーン
スポットレンタルキャンペーン中!
10枚以上レンタルで旧作30%OFF♪
  • 3点 映画 ひみつのアッコちゃん
    映画 ひみつのアッコちゃん
    魔法のコンパクトによる小学五年生の変身譚。誕生50周年記念作。原作よりもアニメ版を意識しているように感じられた。少女が小道具を駆使してどうにかなるという往年の変態少女アニメシリーズの一作。今からおよそ…(続きを読む)
    魔法のコンパクトによる小学五年生の変身譚。誕生50周年記念作。

    原作よりもアニメ版を意識しているように感じられた。


    少女が小道具を駆使してどうにかなるという往年の変態少女アニメシリーズの一作。
    今からおよそ半世紀前の作品ということで隔世の感である。

    現在の水準からすると「ひみつ」と言えるほどの大変貌は見せない。
    SFとしては物足りないが、かえってゴチャゴチャしておらずシンプルな物語の設定
    であり、名作の「おとぎ話」に比肩できるほど下敷きとなった作品の知名度も高い。

    着せ替えシーンが艶やか。
    アッコちゃんの自室の部屋の模様と綾瀬のファッションスタイルが本作の見どころであ
    ると判る。

    物語はラブコメディ仕立て。
    外見こそ成人であるにも関わらず小学五年生の心境を演じるという難役こなさなければな
    らず、内面からして天真爛漫で知られる綾瀬を起用したのだろうか。

    彼女の芝居(綾瀬の天然の頓珍漢ぶりは業界では有名である)がなければ撮れなかっ
    た可能性がある。

    しかしながら内面が幼過ぎるところが気になった。

    正体が「バレかかっている」というのが面白くない。
    見せ場なのかもしれないが。。。

    小学生(高学年)は意外と「賢い」から、大人が信じるほど子供のままでいられるか疑問だ。
    綾瀬が芝居で押し切ったあの幼児性は、子供を大人本位のステレオタイプで撮ってしまっ
    た過剰演出かも分からない。



    折角リニューアルしたんだから、斬新な解釈で「ひみつ」の部分に深入りするなど
    の工夫も欲しかった。


    鏡と女性心理との兼ね合い。
    それは「はてな」だが謎かけとしては完成の域に達した感がある。

    テーマが優れており総じて好い作品だったがキャラ設定で難儀している。佳作どまりか。

  • 3点 64-ロクヨン- 後編
    64-ロクヨン- 後編
    昭和末期に起きた誘拐事件を巡る警察内部抗争劇の後編。後編は前編に比べると残念ながらトーンダウン気味。一応最期まで見通せるので駄作というわけではないのだが。前編はとくにラストの新展開に期待感がもたせてあ…(続きを読む)
    昭和末期に起きた誘拐事件を巡る警察内部抗争劇の後編。


    後編は前編に比べると残念ながらトーンダウン気味。

    一応最期まで見通せるので駄作というわけではないのだが。


    前編はとくにラストの新展開に期待感がもたせて
    あったが、続く後編は前編のラストでみせた期待感に呼応する
    だけの内容を保持していない。

    殺害にいたる犯行の動機が弱弱しく納得のいくものではない。

    広報官としての任務ばかりに焦点があてられたのも狭い了見。
    警察の内部腐敗など今更持ち出しても新鮮味はないわけで。

    幾つかの不満を抱えながら消化不良のまま幕切れとなってしまったようだ。
  • 4点 64-ロクヨン- 前編
    64-ロクヨン- 前編
    昭和末期に起きた誘拐事件を巡る警察内部抗争劇の前編。ロクヨンというのは某ゲーム機ではない。記者クラブと広報官の対立が見せ場となっている警察ドラマだった。口角泡を飛ばす主演の佐藤がいつになく激アツである…(続きを読む)
    昭和末期に起きた誘拐事件を巡る警察内部抗争劇の前編。


    ロクヨンというのは某ゲーム機ではない。

    記者クラブと広報官の対立が見せ場となっている警察ドラマだった。
    口角泡を飛ばす主演の佐藤がいつになく激アツである。

    原作横山秀夫ということで「クライマーズ・ハイ」で感じたあの男衆の突っかかりが甦る。

    前編はミステリアスであり先が読めない。
    後編へと続くラストで意外な展開となりテンションが上がる。

    重厚な人間ドラマと昭和のテイストがない交ぜとなり、警察の意地と面子、そして記者たち
    のジャーナリスト魂とが混然一体となり話が進む。


    なにか物凄い不可解な事件が起きるわけではない。

    役者らの本気度は伝わるが檄を飛ばすだけのノイジーな場面も目立つ。


    採点は星三つか四つかで悩んだが、辛うじて星四つといったところ。

    名作ではないが良作の部類に思えた。


    ちなみに昭和期には本作にみられるような「誘拐事件」が実際に頻発した。
    それと今では死語と化している「人さらい」なども大変恐れられたものである。

  • 3点 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
    ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
    アウトローの元憲兵が再び敵の陰謀に立ち向かう劇場第二弾。地味な映画ですが元憲兵の役を演じている主演トムクルーズの貫禄はいまだ健在。老けたなーという印象は否めず、おっさん体形は少し残念だが、もはやお家芸…(続きを読む)
    アウトローの元憲兵が再び敵の陰謀に立ち向かう劇場第二弾。


    地味な映画ですが元憲兵の役を演じている主演トムクルーズの貫禄はいまだ健在。
    老けたなーという印象は否めず、おっさん体形は少し残念だが、もはやお家芸(?)と
    いっていい全力疾走のシーンなども有りファンの期待を裏切らない。

    トムクルーズが暴れ狂い敵をドツキ倒しますんで「痛い」感じ。

    危機一髪ではあるが不死身のトム様がきっと世界をお救いなさると信じ
    て観るとよいでしょう。

    ラストシーンが哀愁に満ちていた。
参加しているグループが見つかりませんでした。

茶雅丸さんのお気に入りレビュアー

お気に入りレビュアーは登録されていません。

茶雅丸さんのファン

宅配DVDレンタルならぽすれん
ぽすれん
宅配DVDレンタルならぽすれん。単品レンタル95円から。月額レンタルは1ヶ月(30日間)無料お試し!!ネットでレンタルするだけでご自宅まで宅配します。
洋画・邦画・海外ドラマを中心に多数のジャンルの作品を取り扱っています。あなたのお好きな作品を気に入ったときにいつでも宅配レンタル可能です。
Copyright (C) 2017 GEO NETWORKS CORPORATION. All rights reserved.